もえろぐ

仮想通貨からアウトドア、家電まで! 男のエンタメブログ!

【私に天使が舞い降りた!】第2話「サイキョーにカワイイ」感想/やはり「ひなた」がサイキョーにカワイイ

スポンサーリンク

どうもコモリです。

 

前回に引き続き『私に天使が舞い降りた!』の第2話を観たので、その感想を述べます。

 

▼第1話の感想(前回の記事) 

www.moelogue.com

  

そんなに深く考えて観てないので短評だけどうぞ。

 

▼ちなみにYouTubeでも喋ってます

youtu.be

 

 

 

『私に天使が舞い降りた!』公式サイト

 

f:id:cample-hq:20190112163352j:plain

 

TVアニメ「私に天使が舞い降りた!」公式サイト

watatentv.com

 

『私に天使が舞い降りた!』第2話感想/個人的な感想

 

ズバリ!

 

ひなたがサイキョーに可愛かった!

 

やっぱりかわいいのはひなただと思う!

 

ぼくは一体どうしたら、ひなたちゃんの姉になれるのでしょうか?……(真顔)

 

何ならみゃー姉もまとめて妹にしたいです。みゃー姉(妹)に甘えたいのです!(切実)

 

バブみとは違う何かを感じます。ひなたちゃんから。

 

▼バブみについてはこの記事に詳しい 

www.moelogue.com

 

そんな感想を抱きました。はい。

 

んもう「お前、妹決定。」って感じですwww

 

内容の振り返り

 

じゃ、内容振り返るぞ。簡単に。

 

Aパートは「新キャラ・乃愛ちゃん紹介」と「コスプレ大会」のお話。

 

Bパートは「お家の中でかくれんぼ」って感じだったかな。

 

相変わらず、女の子たちがみゃー姉も含めて愛らしく、眼福でした。ありがたや、ありがたや。おかげさまで成仏できそうです。

 

今のところ家の中ですべてお話が完結しています。省エネなみゃー姉の体力に合わせたかのようなストーリーテリングだと思いました。

 

【全体的に感じたこと】キャラ数を程よく増やして話題を広げた

 

こういう萌えアニメ、美少女動物園型アニメにありがちな失敗っていうのが、可愛い女の子たくさん出して「どう?かわいいでしょ?楽しいでしょ?ドヤァ」な押し売りスタイルですね。もうこの手のアニメは多いですよ。

 

例えて言うならそうだなあ、天使つながりで『天使の3P(スリーピース)!』とかそういう系統だったかな。最初こそ何話かみてたけど、全然面白くなかったから切っちゃったねえ。

 

まさにかわいい子がドバっと出てきて訳が分からなくなった典型的なパターン。たくさんかわいい女の子が出てくるのはいいとして、出し方が大事だよね。順番が大事。

 

その点、このわたてんについて言えば、今回は乃愛ちゃん1人だけに絞った新キャラ追加でそこが良かったかな。事前に前回の第1話において、最後ちらっと予告はしていたから、スムーズにフェードインすることができて違和感が無かった。

 

この点を僕は評価したいね。

 

まあ、たぶん第3話でさらに2人増えて、これでようやくマジカル5ならぬ、エンジェル5になるわけだけど。なんかここまで語ってきてあれだけど、ぶっちゃけ3話にして5人出すってどうよって気もしてきた。ん~、どうかなあ。

 

とは言え、あれですよ。第1話で5人全員ドバっと出されるより、1クールの貴重な1回、2回、3回を使って段階的にキャラ増やしたのはいいかな。

 

乃愛ちゃんが増えたことによって、ツッコミできる人が増えたからみゃー姉もボケに回ることができて、より一層深みを増したねこのアニメ。たのちぃ。かぁあいい///

 

【キャラ論:乃愛ちゃん編】意外と常識人

 

さてそんな乃愛ちゃんなわけですが、意外と常識人だったのかなと思います。

 

すごく意外でした。大抵こういうキャラって極端に描かれて頭おかしい扱いされて、オチに使われることがほとんどなので。

 

実を言うとですね、もうすでにこの第2話は2回みているんですけど、最初見たときの乃愛ちゃんの印象は「いらない子」でした。新キャラの割にそこまで興味持てないなーって感じ。

 

でもこの記事を執筆するにあたって、再度見直して2周したんですけど、どうも乃愛ちゃんは常識あるほうだぞって気付きがあったのでそれが意外でしたね。

 

まあ、ツッコミ役には常識が無いとそういう役回り出来ないから必然といえば必然なのかもしれないけどさ。

 

たとえば「みゃー姉のコスプレ」を目撃してしまったことを使って、みゃー姉を脅す展開とか、またそれをもって「小悪魔っぽさ」みたいなのを出してくると思ったんだけど、そこまであくどい感じ、あざとい感じでも無くて好感度高かったです。

 

で、まさにそういう態度こそみゃー姉が、初めて乃愛ちゃんに会ったときの反応だったと思うんですよ。コスプレの事言うんじゃないか、バラすんじゃないか。怯えてビクビクしてる感じ。みゃー姉もまーーーーいい年ですからね、そういう疑いがあってもしょうがないです。

 

でも天使たちは違ったんですね。

 

結果的に乃愛ちゃんはみんなにみゃー姉のコスプレのこと、バラしませんでした。それどころか、自然な流れでみゃー姉のコスプレをみんなに披露させましたよね。この段取り力、これが乃愛ちゃんの真価ですよ。

 

一見すると、みゃー姉を辱めた感じになってますけど、花ちゃんもひなたもそれほど馬鹿にしてなかったし、馬鹿にするどころか受け入れられてましたよね。

 

こうすることで今後もしコスプレイヤーバレしたとしても、そこまでショック大きくないんですよね。すでにひなたも花も全員、みゃー姉のコスプレ見てるわけですから。

 

この優しさ、流れを作ってやること、乃愛ちゃんならではだと思いました。

 

もちろん、ちょっとだけみゃー姉にいじわるすることもあったと思います。でも最初だけだったし、ことあるごとにあのコスプレの話を持ち出して脅すとかそういう胸糞悪い展開にはならなかったので、動画工房グッジョブな采配だったと思います。原作通りなのかもしれないけど。まあどっちでもいいです。

 

とにかく僕が言いたいことは、乃愛ちゃん天使だってことです。

 

ただ単に「自分がカワイイと思ってる自惚れたアホ」ってだけじゃないんですね。思ったより冷静で常識人で、「もしかしたらパパもママもみんなも私のこと、カワイイって言ってくれてたのは嘘だったのかも」とか、疑問に思ったりする程度の常識はあるんですよ。そこが良いですね。アホと常識人のバランスが取れていて。

 

【キャラ論:花ちゃん編】そこまで普段冷たいわけじゃないのね

 

さて、花ちゃんについてですが、これも意外と冷たいわけじゃないんだなあってことを感じました、第2話を観ていて。

 

第1話よりだいぶマイルドになったと思いませんか? 僕は思います。

 

これまたキャラ論ですけど、だいたいこういう花ちゃんみたいなポジションに配置されるキャラって、間を持たせたり、話を進めるために極端なキャラ付けがやっぱりされて、「ドS」な感じに貶められることが多い印象があります。

 

おいしいご飯を作ってくれる時だけ仲良くするけど、それ以外は邪険に扱う、軽蔑するみたいなそんな感じで。おっと! ウザメイドをディスってるみたいになっちゃったぞ!失敬失敬!www

 

分かりやすくするためにはそういうやり方もあるんでしょうけど、必要以上にキャラを貶める理由は無いわけですよ。

 

そういう意味で、普段の花ちゃんって普通なんだよね。普通にみやこに話しかけるし、他の人と接するときとあまり差が無いよね。

 

みゃー姉が話しかけてきたときだけ、ゴミを見るような目をするとか、そういうこともなさそうだし。

 

純粋にいい子だなあって思いました。

 

もちろん、嫌なことされたらそりゃあ嫌な顔するでしょうし。みゃー姉も大概だから、しゃーないところはあるけど。

 

でもみゃー姉が手を出さない限り反撃しない。先制攻撃はしないタイプですよね。

 

※おいしいお菓子の餌付けですっかり花ちゃんの警戒心が解かれてしまったのかもしれないけど

 

普通です。思っていたより優しくて、花ちゃんもいい子だと思います。

 

Aパートのコスプレ大会のときとかも、乃愛ちゃんがカワイイってことにして早く終わらせようと思ったとき、みゃー姉と共謀して「ワタシノマケネー」って棒読みして、丸く収めてごまかそうとしたじゃないですか。

 

やっぱりみゃー姉が変態であっても、頼る時は頼るんですよね素直に。ここが花ちゃんの良いところです。

 

まあ普通ですよ普通。極端にドSっぽく描かれてなくて僕は安心しました。

 

要するに花ちゃん天使ってことですね。

 

【キャラ論:ひなた編】一貫してカワイイ女神的存在

 

さてやってまいりました大本命、ひなたであります。

 

今回のお話を通じて、さらにひなたの神格化が進みました。

 

もうここまでくると勝手にひなたの心の中というか、精神性みたいなところを勝手に美化して勝手に称賛するレベルに達しましたね。

 

なんと言っても良かったシーンは、落ち込んだ乃愛を持ちあげて「元気出たか?乃愛」って言うシーン。

 

ここにしびれた。

 

これってもちろん、説明するまでもなく落ち込んでいる乃愛ちゃんの気分をみんなで持ち上げて元気出してもらおうって思ってたけど、ひなたは馬鹿だから文字通り乃愛ちゃんを腕で抱え上げて持ち上げちゃったっていうギャグであり、ひなたはやっぱりアホだったってエピソードなんですよ。

 

でも、僕のなかのひなたは、そんなことくらい分かってるんですよ。「お年玉あげるかー」「えー頂戴よー」ビー玉を持ちあげて落とす「はい、お年玉ー」みたいなアホっぽいことを、ひなたのまわりの男子たちが、クラスメイトの男子たちがそういうことやってるはずなんですよ。日常的に目撃してるはずなんですよ。そんな言葉遊び分かってるんですよ。

 

分かったうえで、ひなたは自分のキャラというものを理解しているから、せっかく自分の家に遊びに来てくれた転校生の乃愛ちゃんに嫌な思いをさせて帰ってもらいたくないから、あえて、あえてピエロを演じて、文字通り乃愛ちゃんを持ち上げて、「元気出たかー?」ってやってるんですよ。

 

そうしたら、乃愛ちゃんも笑うじゃないですか。みゃー姉も花ちゃんも、みんな笑ってまた一緒に遊べるじゃないですか。

 

もうここまで考えてるんですよひなたは。もう天使なんですよひなたは。優しい子なんだよ。

 

いやー、神格化が進みますねー。第2話にしてここまでいいキャラしてる小学5年生は見たことが無い。フェイトテスタロッサ以来のときめきですね。これは年齢的に感じる動機息切れではないと確信しております。

 

あと、もうひとつ。お風呂場でみゃー姉に詫びるシーンありますよね。これもいいんですよ。

 

家の中でかくれんぼしてて、まあ色々あってみゃー姉がふすま破ってお母さんに怒られるってオチが着いたあと、風呂入ってるみゃー姉のところに勢いよくひなたも風呂に入ってきて湯船に浸かって、みゃー姉に流れるように謝るんですよ。

 

みやことひなたって、ひと回りとは言わないのかもしれないけど10歳以上年齢が離れていると思われるわけで、そう考えると当然怒られるのはお姉ちゃんであるみゃー姉のほうなんですよ。もう最初からみゃー姉も予想していたように。そうなりましたよね。

 

まあ、ふすま破ってそこまで深刻に、シリアスな怒られ方をされた感じでは無かったのかなと想像しますけど、それでも家の中で遊んでいて、みゃー姉もその中にいたとしても、ひとこと詫びを入れるひなたの気遣い、めっちゃ良くないっすか!?

 

お母さんとしても、お客さんである花ちゃんとか乃愛ちゃんとか怒るわけにもいかなし、ひなたも小学生だし。そうなると大学生のみゃー姉を怒って終わらせるしかないじゃないですか。みゃー姉も受け入れてはいるものの、損な役回りですよいつも。

 

長女とか、長男ってのはお姉ちゃんなんだからとかお兄ちゃんなんだからという理不尽な理由で、怒られるわけっすよ親から。

 

そういう長子の悲しみみたいなもものを、小学5年生のひなたは理解できるから、詫びを入れてくるんですよ。なんていい子なんだと。なんてお姉ちゃんっ子なんだと。どんだけみゃー姉好きなんだよと。

 

みゃー姉が大好きすぎるひなたが大好き過ぎてツラいですはい。

 

そのほか、みゃー姉のジャージを乃愛に着せて「大好きなみゃー姉がいつも着てるやつだ!」って言うセリフとか、「やっぱりサイキョーはみゃー姉だな!」ってオチの部分とか、この辺りも好きですね。さりげなく、ひなたのセリフ言動行動に「みゃー姉大好き」って気持ちがしみ込んでいて、とても尊いです。

 

まとめ/ひなたはツラい戦いのときこそ必要な仲間だ

 

ひなたの気遣いを見出し過ぎちゃって辛いwww

 

そんなわけで後半はひなたについて熱く語りました。

 

最後もやっぱりひなたについて書いて終わりたいと思います。

 

ひなたって人間関係優等生ですよね。

 

本編では乃愛ちゃんとの関係において、トゥンクなんてセリフを言わせてカップリングをほのめかしていましたけど、なんかああいう茶化し方をしつつも、ひなたのコミュ力ってビックリするほど高いですよね。

 

ひなたすけこまし説とか、ひなたジゴロ説とか、ひなた女ったらし説とかいろいろささやかれていますけど、範囲は広くてひなたは人たらしだと思う。

 

僕が勝手にそう思ってるだけですけど、ひなたは全体を見渡して、いかにワイワイガヤガヤ楽しくやるかってことを念頭に行動している気がします。

 

カワイイって言われたい乃愛ちゃんに対して、みゃー姉がなかなかカワイイって言わないから落ち込むじゃないですか。するとすかさず、ひなたがフォロー入れて「私は乃愛が一番可愛いと思ったぞ」とか声かけるんですよ。いいよねひなた。

 

そもそも転校生を転校初日に家に招待して、一緒に遊ぶってところからして転校生が融け込みやすいようにしてる気遣いを僕は感じるんですよ。

 

ドメスティックな彼女観ました? 転校生の瑠衣ちゃんがどうなったか見たほうが良いですよ。ひなたのいない世界ってああいう感じですよ。夏生がいたからまだ何とかなったけど、ひなたがいない世界で転校するとハードモードだからね。

 

ひなたがいないと、ひとりぼっちになって灰色の学生生活送る中で性格が歪んで、人間関係が苦手になって、コミュ力が落ちてコミュ障になって、恋も仕事も社会生活もすべてうまく行かなくなって惨めに死んでいくことになるんだからね。

 

ひなたがいる世界で転校できたことを感謝したほうが良い、乃愛は。

 

もっとエグい共感性羞恥を感じたい人は、ピクサーのアニメ映画『インサイド・ヘッド』観たらいいと思うよ。自己紹介失敗するシーンは見ているこっちも死にたくなほど羞恥心を感じるよ。おすすめ。

 

話を戻して。

 

しかも、コミュ力低そうな花ちゃんと自由奔放な乃愛ちゃんを自分がつないでいるんですよ。こういうところもひなたのいいところだなあと思ってます勝手に。たぶんクラスでもものすごくムードメーカーなんじゃないかなって想像しちゃいますねえ。

 

いるとうるさいけど、いないと寂しいみたいなそんな扱いだと思うわwww

 

まだアニメでは描写されてないですけど、例え学校のテストの成績が悪かったとしても、ある意味優等生ですよひなたは。人間関係優等生。コミュニケーションのプロ。クラスの人気者ですね。

 

花ちゃんとか乃愛ちゃんに相談しにくいことでも、ひなたになら相談できそうな気がします。

 

あと男子ともたぶん仲良しだから、男子と女子が対立したときも、ちょっとアホな言動とか行動をして自分がピエロになっても、クラスをひとつにまとめて行くんじゃないかなって思います。

 

緊張感をほぐす役割っていうかそんな感じです。

 

急にまったく別の話をしますけど、『七人の侍』って映画あるんですけど知ってます? 名前くらいは聞いたことありますよね? 黒澤明監督の映画です。

 

僕も大学生になってから初めてみて、めちゃくちゃ面白かったのでいまでもたまに見返すんですけど、七人の侍って映画はタイトル通り侍が7人で敵と戦って、農民を守る話なんですけど、そのなかに「平八」ってキャラが出てくるんですよ。

 

このキャラってそこまで腕は強くないんですよね。もちろん下手なわけじゃないけど、他のメンバーに比べたらやっぱり技術では劣るんですよ。確か作中では「中の下」って表現されていたと思います。

 

でも「平八」も仲間なんですよ。どうして仲間にしたのかって言うと、辛い戦いのときこそ必要な性格だからです。ムードメーカーっていうか、遊び心を忘れないんですよね。

 

だからみんなが緊張してる時に、ちょっと笑わせて和ませたりするんですね。あとアイディアマンだったりするし。

 

ぼくは、ひなたにこういう「平八」のようなものを感じましたね。

 

ひなたはツラい戦いのときこそ必要な仲間だと思います。

 

何の話だよってなるんですけど、バトル漫画だったらひなたみたいなキャラは多分そこまで強くないと思います。多分ボス戦とかで真っ先に負傷したり、死んだりすると思います。

 

でも場を和ませるようなキャラってすごく大事ですよね。ひなたにはそういう優しさとか面白さを感じました。

 

今後もひなたから目が離せません。

 

蛇足/種村小依ちゃんがサターニャに見えて仕方ない件www

 

たぶん髪の色と目の色と髪型がそれっぽくて、しかも動画工房だから、次回登場する予定の種村小依ちゃんがガヴリールドロップアウトのサターニャに見えて仕方ないですwww

 

 

ちなみに、小之森夏音ちゃんのCVは大空直美です。サターニャやんけ!www

 

そう思いました。サターニャ好きなんだよなー。

 

僕のサターニャ愛はこの記事で発散してるので、合わせてどうぞ。

  

www.moelogue.com

  

www.moelogue.com

 

前回の記事

 

www.moelogue.com

 

▼ちなみにYouTubeでも喋ってます

youtu.be