もえろぐ

仮想通貨からアウトドア、家電まで! 男のエンタメブログ!

【魔法少女特殊戦あすか】第1話「帰ってきた魔法少女」感想/またデスゲームが始まるのか、という予感

スポンサーリンク

どうもコモリです。

 

『魔法少女特殊戦あすか』の第1話を観たので、その感想を述べます。

 

そんなに深く考えて観てないので短評だけどうぞ。

 

 

『魔法少女特殊戦あすか』公式サイト

 

f:id:cample-hq:20190114000434p:plain

TVアニメ『魔法少女特殊戦あすか』公式サイト

magical-five.jp

 

『魔法少女特殊戦あすか』第1話感想/個人的な感想

 

自分は魔法少女ものが好きです。だから今作も「魔法少女」とタイトルに含まれているからには見なければいけないと思い、視聴しました。義務感ですねwww

 

雰囲気としては、何となく「あ、これからデスゲームが始まるかな」って感じ。

 

血なまぐさい戦闘が行われるのでしょう、グロシーンが連続するのでしょう。オラわくわくすっぞ。

 

本当にこういう系統は増えましたねえ。昔からあったのかもしれないですが、特に10年代はメディアで露出する機会が増えたと思います。こういう血まみれの魔法少女。

 

やっぱりそれだけ『魔法少女まどか マギカ』の影響が大きかったのかなあと思いますね。

 

さきがけは『魔法少女リリカルなのは』だと思ってますけど……。

 

まどマギ以降も小粒ながら、魔法少女育成計画とか魔法少女サイトとかそういう系統のアニメ細々と続いていますよね。

  

www.moelogue.com

  

www.moelogue.com

 

「とりあえず魔法少女設定にして可愛い女の子同士を戦わせておけば、なんでもありのデスゲームというシチュエーションが簡単に用意できる」って感じが、お手軽で使いやすいのかもしれない。

 

ただ、ぶっちゃけこのジャンルは飽和してますよねえ。飽きられてそう。ぼくだけ?

 

魔法少女サイトとかすげえ微妙だったもんな。ネタ切れなのかなあ。ギリギリ、まほいくは許せても、魔法少女特殊戦あすかはどうなるのか期待と不安で胸いっぱいです。

 

ただ、良いところをいくつか述べておくとまず、厭戦気分がいいですね。

 

すでに大きな戦闘を乗り越えていて、仲間がたくさん死んで、多くの傷ついた人を目の当たりにしてきて、辛くも勝利した。ただその先にあったのは虚しさであって、戦いに嫌気がさしてるって感じのあすかの心が伝わってきて良かったです。

 

まほいくのアニメもそんな感じでしたね、ラストが。こういう締めかたってぼく好きなので、今作についても似たような精神があるのだとすればそれは「期待感」につながりますね。これが1つ。

 

次に、PTSDですね。あすかが、着ぐるみを見て「ゾッと」するわけです。いいねこれ。そうですよね。着ぐるみみたいな敵とこれまで戦ってきたわけですから、そりゃぞわっとするわな。悪さするんじゃないか。目の前の子供をなぶり殺しにするんじゃないかって思うわけですよ。いや、思わなくてもフラッシュバックするんですよ勝手に。色んな嫌なシーンが。経験が。

 

こういうところもまた良かったなあと。厭戦気分を盛り上げます。

 

だいたいこういう「昔優秀だった兵士」みたいなキャラってさあ、どうやっても過去から逃れられないですよね。まほろさんみたいな。『許されざる者』みたいな。最近見た映画ですけど笑

  

www.moelogue.com

 

あすかもまた、嫌々、仕方なく、やむを得ない事情から戦闘に出て行かざるを得ない状況になっていくんだろうなあ。というかすでに第1話の段階であれだもんね。たぶんまた現役復帰するんだろうな。

 

友達の希美ちゃんとか、紗綾子ちゃんとかもう嫌な予感しかしないわ。死ぬのだろうか。巻き込んでしまった感あるよなあすか側からすると。もうそこまで僕には見えているぞ。胸糞悪い感じになるんだろうなあ。嫌だなあ......。

 

ああ、それからあすかのなんというか、悟ったというか、冷めきった眼差しが好きだわ。

 

敵を倒した。殲滅した。ラスボスも倒した。世界は平和になると思った。でもならなかった。人間の敵は人間だったから。って事実。

 

くぅ~~~~。

 

これは実にビターな味わいwww 中学生ながらガッカリしたと思う。あの現実には。そういう雰囲気ぼく好きよ。この世は地獄よ。うんうん。

 

ただ、全体的な作風についてちょっとディスっておくね。魔法とミリタリーって微妙にバランス難しいよね。この点がすでに第1話の戦闘で不安になった。

 

第1話でテロリストが大きな事件起こして、んで、あすかが止めに入る流れがあるけど、ん~どうかな。魔法ってチートだから、都合のいいところで使えて、話の進行上都合の悪いところだけ魔法が都合よく使えないってなると、すごく意図的で嫌な展開になるんだよね。萎える。超萎える。

 

幼女戦記って知ってます?

 

ぼくあれ絶妙に嫌いでwww 期待していただけにガッカリだったんだよね。その原因がこれ。魔法とミリタリーバランス問題。

 

なんといっても、ミリタリーに魔法を乗っけてるから、すごく作者の意図が働くんだよ作戦に。そういう展開ばっかりで、ちょっと興醒めだった。残念。

 

そういう意味では「魔法少女育成計画」うまかったなあ。「1人1芸」の縛りを設けて、どうやってそれを活かした戦闘を描くか、組み合わせて敵に勝つか、みたいな感じにまとめてた。そのほうが断然面白いよね。事実面白かった。だれが一番強いのか、分かりやすいじゃん。応援しがいがあるじゃん。応援していたキャラ死ぬと絶望するじゃん。こういう実況向きのアニメなら、魔法とミリタリーは合うんだよね。僕の持論だけど。

 

まあ、魔法少女ものなんてそんなレベルでいいんだよね。ぶっちゃけ。真面目にやったら魔法って要素が邪魔でしょ、ミリタリー的に。

 

幼女戦記みたいにミリタリーと魔法の融合って形で戦争を描くと、なかなか無理が生じるんだよ。同じようなことが、終末のイゼッタにも言えるかな。まああれはちょっとジャンルずれてるから擁護できそうだけど……。

 

今作あすかについても、この点をなんとかうまく処理して欲しいなあと思ってる。

 

色々悪口も書いたけど、それは期待の表れ。がんばれあすか。負けるなあすか。

 

期待を込めて完走したい。

 

まとめ

 

キャラデザって好みだよね。ぼく、嫌いじゃないけど、目がデカいよね。このアニメwww

 

あすかとか特にデカく感じる。とにかく目が怖いのよ。『恋は雨上がりのように』のあきらちゃんのような怖さがある。目がデカい子、ちょっと苦手。嫌いとかそういうんじゃなくて。

 

自分の邪悪さを見透かされそうで怖いっていうか……。

 

でも! 涙ぼくろはGOOD! ええやん。

 

高校1年生になったあすかちゃんが、今後どんなひどい目に遭って、どんな顔をしてくれるのか、顔をゆがませてくれるのか。ぼかぁ楽しみだなあ。ヒヒヒ。

 

次回の記事(第2話の感想)

 

www.moelogue.com