もえろぐ

仮想通貨からアウトドア、家電まで! 男のエンタメブログ!

【ドメスティックな彼女】第2話 「もしかして、しちゃった?」感想/瑠衣ちゃんすでにデレ始めてて可愛いwww

スポンサーリンク

どうもコモリです。

 

前回に引き続き『ドメスティックな彼女』の第2話を観たので、その感想を述べます。

 

▼第1話の感想(前回の記事) 

www.moelogue.com

 

そんなに深く考えて観てないので短評だけどうぞ。

 

 

『ドメスティックな彼女』公式サイト

 

f:id:cample-hq:20190113205053p:plain

テレビアニメ「ドメスティックな彼女」公式サイト

domekano-anime.com

 

『ドメスティックな彼女』第2話感想/個人的な感想

 

瑠衣ちゃん、第2話にしてデレてますやん!www

 

カワイイwww

 

このアニメって、最近久しぶりの「二者択一型ヒロイン」なストーリーなんじゃないかって思い始めた。異なるヒロイン2人見せて、視聴者がそれぞれどっちが良いとか悪いとか延々と議論できるヤツ。議論になりそうなヤツ。

 

マクロスFなら、ランカ派とシェリル派で血で血を洗う大戦争がネット上で勃発したじゃないですか。あれみたいな感じ。

 

マクロスΔなら、フレイア派とミラージュ派の激しい対立が起こった。僕とtkd氏の間で起こったように。(大嘘)

 

ドメカノもそうだよね。ちょっぴりえっちなお姉さん・陽菜派と、とってもえっちな瑠衣派で、これは大激論ですわ。しかも姉VS妹って構図もすんばらしい!www

 

いい感じに可燃性。よく燃えるぞこれは。恋の炎メーラメラや!(語彙力破綻)

 

ひな姉も好きだけど、やっぱり僕は瑠衣ちゃんかな。瑠衣ちゃんを選ぶわ。まれいたその声もグッドですしね。

 

おもしろいよね。肉体関係から入って、徐々に攻略していく感じなんだねこのアニメ。心から体への流れではなく、身体から心へ、そしてまた体へって流れになるのか。ええやん! 興奮してきましたわ!

 

いつごろエッチコンロ点火するんだろうかwww

 

瑠衣ちゃんが転校してきたあの下り、ちょっと胃が痛くなった。最初は転校生という異色の存在が好奇の目にさらされて大人気なのに、瑠衣ちゃん特有の毒舌クールで友達を減らし、最後はすっかり一人ぼっちって。なにそれ…… やめてくれ辛い。苦しい。やめてくれ。胃が痛い。

 

続くミニコントの流れは正直、うすら寒くて共感性羞恥すら覚えたけど、夏生の気遣いワイはすきやで。夏生曰く、瑠衣は不器用ってことだったけど、まあコミュ障みたいなもんすわ。自分自身自覚してるみたいだけどね。でもそんな自分を変えたいとちょっとだけ思ってるところ、可愛いよね。ウェヒヒッ

 

女子特有の闇を感じた。あ、男子も同じか。ぶっちゃけ初対面であんな喧嘩腰だったら「なんやこいつ。省るか」ってそらあんた、なりますよ。

 

でもそこで夏生が結果的に助け舟出したことになって、「瑠衣は嫌な奴」ではなく「瑠衣は上から目線の毒舌キャラ」って再定義されたから、かなりグッジョブだった。もっと時間が経っていたら取り返しのつかないことになっていたはず。それを気にしするタイプでもなさそうだけど瑠衣は。

 

それでもなんとなくわだかまりがとけたような気がするねえ。キャラって大事だよね。

 

生きにくい世界だよほんと。陰キャには厳しいなあ学校生活は。

 

そうそうそれと、思ったんだけどさあ、居間で出来ない会話がなぜ風呂場だと出来るのか理解できないwww おかしいでしょあのシチュエーション。あれはどう考えても一緒に湯船に入る流れだったでしょ。ひとりだけ洗い場とか寒いじゃん。風邪ひくわ。一緒に湯船に浸かれよって思った。え?そこじゃないって?www

 

瑠衣ちゃんは真面目そうな顔して結構スケベで、ちょっぴり頭が悪いのかもしれない。家庭教師をつけなきゃいけないようですね。ぐへへ。二等分の花嫁や!(うち1名は教師の模様)

 

瑠衣ちゃんのきゃわわなお尻にはちょっと興奮しました(ニッコリ)

 

まとめ

 

え?なに?陽菜先生もここから落ちるの?夏生がしゅきしゅきだいしゅきになるの?

 

姉妹から好かれる展開なの?夏生はなんなの? 裏山死刑。代われよおまえ。

 

今のところ陽菜の人間関係まわりはなんかすごく、重そう。暗そう。陰気な香りがする。近づくと運気下がりそう。本人は明るい人なのになあ。悲しいなあ。日笠声も相まって幸薄美人枠ですわこれ。

 

もうすでに瑠衣ちゃんは落ちかけてるから、あとは陽菜ががっつり落ちてくれれば役者は揃う。姉妹で奪い合い傷付け合うド畜生な展開に早くなってほしい。

 

恋は戦いぞ。

 

前回の記事

 

www.moelogue.com

 

次回の記事(第3話の感想)

 

www.moelogue.com