もえろぐ

仮想通貨からアウトドア、家電まで! 男のエンタメブログ!

本革と合皮とレザーの違い|本革(レザー)は本物だが、合皮はフェイクだ

スポンサーリンク

「本革」「合皮」「レザー」の違いについて解説します。

 

  • 本革=天然皮革(てんねんひかく)=Real leather=レザー
  • 合皮=合成皮革(ごうせいひかく)=Fake leather=レザー調

 

本革が本物の皮、合皮が偽物の皮ってところまでは分かるんですが、レザーが分かりにくいんですよね、どっちもレザーですから。

 

一般的には、「レザー=本革」説が支持されているのかなと思います。

 

レザーといえば本物の皮、つまり本革です。

 

合皮のことをレザーというのはちょっと変です。合皮の場合は「レザー調」とか「本革調」って言います。

 

f:id:cample-hq:20190406205351j:plain

 

 

正式名称と英語から考える「本革」と「合皮」

 

正式な名称から考えると、

 

  • 本革=天然皮革(てんねんひかく)
  • 合皮=合成皮革(ごうせいひかく)

 

なので、本革は「本物」の牛や羊の皮をなめして使っているということになります。

 

一方で合皮は、普通の布地にポリ塩化ビニールやポリウレタン樹皮などの「合成樹皮」を塗って、本革っぽい質感に仕上げた状態のことを言います。つまり「偽物(フェイク)」ですね。

 

本革も合皮もレザー

 

「レザー」は「皮革(ひかく)」という意味の英語なので単に「レザー」と言うと「本革」も「合皮」も含んだ言い方になります。

 

レザーだけだと「天然」のほうか、「人工」のほうか分かりません。

 

  • 本革=Real leather
  • 合皮=Fake leather

 

ただ一般的な感覚として「レザー」とあえていう場合は「本革(Real leather)」のほうを指していることのほうが多い気がします。

 

「Fake leather」のほうは「本革調」とか「レザー調」とか「調」を付けて言ったりしますからね。

 

なので、普通「レザー」と言えば本革のことを言っていて、合皮と言えば偽物のほうを言っている。そういう理解で問題ないと思います。

 

本革と合皮の見分け方

 

本革と合皮は「ぱっと見」では分かりにくいです。

 

f:id:cample-hq:20190406204902j:plain

 

僕が使ってるキーケース。合皮です。

 

近づいたら分かるけど、遠目にみたら見分けがつかないと思うよ。

 

まあそりゃそうだ。合皮は本革に似せて作ってるわけですから。偽物(合皮)がすぐに偽物と分かっては意味がない。当然見分けがつきにくいのが合皮です。

 

ただ、よ~くみるとやっぱり本物(本革)と合皮は見分けが付きます。いくつか具体例を挙げておきます。

 

本革の見分け方(本革はこんな感じ)

 

  • 表面に毛穴がある
  • 表面が色落ちしている
  • 断面が繊維質
  • レザー独特の匂い
  • しっとりと滑らかな表面

 

合皮の見分け方(合皮はこんな感じ)

 

  • 表面がツルツル&毛穴が無い
  • 表面にヒビや剥がれ
  • 断面が布地
  • 石油の匂い
  • 水を弾く
  • ふかふかした感触

 

匂いの違いが分かりやすい

 

一発で分かるのは「匂い」ですね。本革=レザーって独特の匂いがしますから。まあ元々は生き物の皮ですからねえ、そういう匂いだってしますよ。不快ではないですがそういう感じのレザー臭です。

 

一方で合皮は化学的に作られたものなので、人工物の匂いがします。と言うか「石油」の匂いがします。石油製品なんですよね、ビニールとかプラスチックと一緒で。

 

ただ売り物だと、店員さんの目の前でクンクン匂いを嗅ぐわけにもいかないので上に挙げた特徴も参考に見分けてください。

 

……とは書いてみたものの、普通は書いてあると思いますけどね「本革」か「合皮」って。「合皮」とハッキリ書かないにしても、少なくとも「本革調」・「レザー調」ぐらいは書いてあると思います。買う人に判断させるなんて、詐欺まがいですよさすがに。

 

下の画像のように「本革調」って書いてあれば、これは合皮です。「調」ですからねえ。本革ではないです。「本革っぽい」って意味ですから。

 

f:id:cample-hq:20190406205308j:plain

 

本革と合皮の特徴(メリット・デメリット)

 

本革のメリット

 

  • 高級感がある
  • 丈夫
  • 耐久性がある
  • 経年による味が出てくる

 

本革のデメリット

 

  • 高価
  • 想い
  • 耐水性に劣る

 

合皮のメリット

 

  • 安い
  • 軽い
  • 加工しやすい
  • 雨に強い

 

合皮のデメリット

 

  • 安っぽい
  • 耐久性がない

 

まとめ(レザー調のキーケースがボロボロになった話)

 

ざっと考えてみましたけど、本革と合皮のメリット・デメリットって上みたいな感じかなと思う。

 

とにかく合皮は「安い」ってのが最大のメリットだよね。リーズナブルに本革っぽい雰囲気が楽しめるんは最高。

 

ただ本当に残念なのは「耐久性」。つまりすぐボロボロになる。10年単位で使えないんだよな。

 

合皮製品を長く使うとどうなるかっていうと表面が剥がれてくるんだよね。下の画像がいい例だと思う。まず綺麗な状態から。

 

f:id:cample-hq:20190406205658j:plain

 

これ僕のキーケースなんだけど、まあいい感じでしょ?

 

でもこれを5年くらい使ったらこんなになっちゃうからね……

 

f:id:cample-hq:20190406205734j:plain

※まったく同じのをまた買いました。気に入ってるんだよねこのシリーズ/p>

 

さすがに本革ならここまで表面が剥がれるってことはないからね。笑

 

だからキーケースをプレゼントしようとか思ってる人は、やっぱりちょっと値は張っても本革のキーケース、本物のレザー製品をプレゼントしたほうが良いと思うよ。

 

長く使えないからさ、合皮とかレザー調だと。

 

それにしてもすごいわ、このボロボロ具合。

 

f:id:cample-hq:20190406210204j:plain

 

側面もエグいぐらい剥がれてる。

 

f:id:cample-hq:20190406210223j:plain

 

裏面なんて、ほとんどレザーっぽい部分が無いくらい剥がれ落ちてるもんな。笑 これはひどい。

 

f:id:cample-hq:20190406210243j:plain

 

意外と内側はそうでもない。やっぱり丈夫と言えば丈夫。ただ、つくりがちゃっちいから端っこの処理が甘いんだよなあ。そこから崩れてくるもん。そして表面の脆さよ。

 

f:id:cample-hq:20190406210323j:plain