もえろぐ

アラサー男のエンタメブログ! アニメと映画をたくさん観るために今日もいっぱい働くよ!

モリカケ問題とは?/森友学園と加計学園の何が問題なのか簡単に説明します(もりかけ問題の論点まとめ)


スポンサーリンク


国会中継やワイドショーを見ていると、頻繁に「モリカケ」という言葉が出てきます。

 

また、先日の選挙でも野党が与党・自民党を追求する際に「モリカケ」という言葉を使っていました。


そもそも「モリカケ」とは一体なんなのでしょう?

 

原点に振り返って、「モリカケ問題」を簡単に説明します。

 

【最終更新:2017年11月13日】

 

結論だけ知りたい人はこちらへ ⇒ まとめ

  

スポンサーリンク


>>mineoのおすすめ記事<<

 

 

f:id:cample-hq:20171102203617p:plain

 

モリカケの「モリ」/森友学園問題

 

森友学園問題には2つの論点があります。

 

まず「土地の取引」の話です。
これが不当な取引だったのかどうか。

 

これが1つ目の論点です。

 

次に、この「疑惑の取引」「安倍首相」「安倍昭恵夫人」が関与していたのかどうか。

 

これが2つ目の論点となります。

 

論点1/森友学園に国有地を払い下げる取引

 

f:id:cample-hq:20171102204158j:plain

(引用:森友学園 - 毎日新聞

 

国は、国有地を森友学園に払い下げました。
つまり、土地を売ったということです。

 

ただ国が民間企業に国有地を払い下げることは、よくある話です。
「払い下げ」自体に問題はありません。

 

問題は「値段」です。

 

国が森友学園に売った「国有地」の値段というのが、周辺の土地に比べて極端に安かったのです。

 

森友学園としては、土地が安く買えれば「得」をします。
しかし、国が森友学園だけに「得」をさせるのは不公平です。

 

どうして極端に安い取引価格になったのか、ここが問題となっています。

 

論点2/首相や夫人が関与していたのかどうか

 

f:id:cample-hq:20171102204816j:plain

(引用:「能力ない」安倍昭恵夫人潰し狙い首相官邸が森友問題リークか…監視のため公務員をスタッフに | ビジネスジャーナル

 

さて、そんな「土地取引」に安倍首相や安倍昭恵夫人が関わっていたのではないか、という疑惑が指摘されました。

 

これが2つ目の論点です。

 

もし本当に首相や夫人が関与していたとすれば、首相の立場上責任が問われます。

 

森友学園だけを「ひいき」して、「得」をさせた形になるわけですから、法的には「贈収賄」に問われる可能性もあるからです。

 

ただし、いまのところ関与した明確な証拠や事実は証明されていません。

 

「忖度(そんたく)」は「関与」か

 

f:id:cample-hq:20171103203000p:plain

 

安倍首相は、自身や夫人の関与について明確に否定しています。


もし関与していたとすれば、それが大問題であることを首相自身も認識しているからです。

 

安倍首相はこの「森友学園問題」について、もし自身が関わっていれば首相を辞め、国会議員も辞職すると明言しているくらいです。

 

参考:2017年2月17日 衆議院予算委員会(YouTube)

 

この「辞任」を安倍首相が約束したことで、余計に野党の追及が活発化しました。

 

なぜなら、与党になりたい野党としては「安倍首相の辞任」は絶好のチャンスになるからです。

 

だからこそ、安倍首相を辞めさせるためにも「関与」を何とか証明したいと考えているのです。

 

ただし、先ほども言った通り明確な証拠が出てこないまま今に至ります。

 

さて、この森友学園問題をめぐる議論の中で「忖度(そんたく)」という言葉が出てきました。

 

「忖度(そんたく)」とは、「相手の気持ちをおもんばかること」です。

 

ここで森友学園問題について、「忖度」を使ったこんなストーリーが語られます。

 

いわく、

 

森友学園と直接取引をした「財務省近畿財務局」、その他の「関係省庁」、

 

職員、公務員、官僚らすべてが、

 

安倍首相や安倍昭恵夫人の「気持ち」を「忖度」して、極端に安く売ったのではないか、

 

と。

 

f:id:cample-hq:20171103205038j:plain

(引用:財務省

 

要は「はっきりと安倍首相が関与した証拠は無いが、官僚らに忖度をさせて不当な取引をおこなわせたのだから、これは関与だ」という論法です。

 

ただこの論法には、かなり無理があります。


もし「忖度させたこと」が「罪」ならば、あらゆることに「疑惑」が生じかねないからです。

 

こうなると「忖度が無いこと」の証明が求められます。
これは「悪魔の証明」そのものです。

 

「無い」ことを証明するのは事実上、不可能に近いです。

 

たしかに、取引が行われた土地に「大量のごみ」が埋まっていたことは事実です。

 

それが理由で「値引き」がなされた正当性はあるかもしれません。

 

ただし、極端な値引きがあったことと、首相や夫人の関与は別の話です。

 

値引きに問題があったとすれば、それは直接取引をおこなった「財務省近畿財務局」や「交渉担当者」の責任でしょう。

 

関与について安倍首相や昭恵夫人が否定している以上、立証責任が求められるのは「裁判で言うところの検察」と同じように野党の側です。

 

今後、証言や物証にもとづく追及が望まれます。
証明できなければ、ただの「言いがかり」と何ら変わりません。

 

 

スポンサーリンク


>>mineoのおすすめ記事<<

 

モリカケの「カケ」/加計学園問題

 

f:id:cample-hq:20171102211337p:plain

(引用:加計学園 獣医学部新設問題|NHK NEWS WEB

 

論点/総理が「加計学園ありき」で獣医学部新設を進めさせたか

 

加計学園問題の論点は1つです。

 

加計学園に獣医学部の新設が認められたのは、理事長の加計孝太郎氏と安倍首相が「友人」だったからか、という点です。

 

学校法人が獣医学部を新しく作るためには、国(文科省)に申請して、それが認められなければ新設できません。

 

特に獣医学部の新設はかなり難しかったのです。
しかし、加計学園にだけは新設が認められました。

 

この理由について「疑惑」があります。

 

つまり「理事長が安倍首相と友達だったから」認められたのではないか、という疑惑です。

 

もし本当にそうだとすると、これは先の「森友学園問題」と同様に、公平性を欠く大きな問題です。行政が歪められたことになるでしょう。

 

したがって、なぜ加計学園だけが獣医学部の新設が認められたのか、その「理由」が問われているのです。


ただし、加計学園の獣医学部新設が認められた経緯については、この問題をめぐる議論の中で次のことが明らかになっています。

 

  1. 獣医学部の新設については、文科省は許可しないどころか、申請することさえ認めない「厳しい規制」が長年あった。
  2. 獣医師を増やしてほしいという要望が農業分野からあった。
  3. 獣医師を増やすためには獣医学部が足りない。
  4. 獣医学部新設を妨げる「規制」を撤廃すべく、平成26年(2014年)から国家戦略特区会議がおこなわれてきた。
  5. すべての規制を撤廃することは不適当なので、文科省の提案で「1校」のみ獣医学部の新設が認められることになった。
  6. 従来の「規制」のもとでも、獣医学部の新設を希望(申請)していたのは「加計学園」と「新潟の国家戦略特区」、それと「京都産業大学」である。
  7. しかし、「新潟の国家戦略特区」は「認可までの時間がかかりすぎる」ことを理由に、「京都産業大学」は獣医学部の新設を「準備不足」により断念した。
  8. 結果、残った「加計学園」1校に獣医学部の新設が認められた。

 

▼加計孝太郎氏(学校法人加計学園理事長・総長)

f:id:cample-hq:20171103204116j:plain

(引用:小柳ルミ子と加計問題 「ずる賢さの技術」とは何か | 文春オンライン

 

このような経緯を踏まえると、加計学園だけが「優遇」されたわけではないということが分かります。

 

問題はむしろ、獣医学部の新設が認められない現在の「規制」にあります。
なぜなら「規制」に理由が無いからです。

 

これは「国家戦略特区ワーキンググループ」で委員を務めた原英史氏が証言しています。

 

今回たまたま「1校」獣医学部の新設が認められたことと、加計学園の獣医学部新設が認められたことは、本来的には別の話なのです。

 

したがって、加計学園問題についても「言いがかり」に近い状態と言わざるを得ません。

 

少なくとも、加計学園が獣医学部の新設をおこなう過程において、加計孝太郎理事長と安倍首相の「友人関係」が影響したという証拠はどこにもないのです。

 

「総理のご意向」文書とは?/本来は「早く規制改革を進めろ」という意味

 

安倍首相が「加計ありき」で進めた証拠として、「総理のご意向」文書というものがあります。

 

f:id:cample-hq:20171111114601j:plain

(引用:加計学園問題「総理のご意向」の意味がついに解明。伝言ゲームで誤解が広まった | netgeek

 

これは当時、「文部科学省(獣医学部新設担当)」から「内閣府(国家戦略特区担当)」に出向していた課長補佐(牧野氏)によって作成された、上司報告用の「メモ」です。

 

確かに、この文書には「総理のご意向」と書いてあります。それは事実です。

 

しかしその意味は「規制改革(緩和)を早くやれ。これが総理のご意向である」という意味で使われている、というのが「総理のご意向」文書全体を読むと分かります。

 

また、赤線部分の「総理からの指示に見えるのではないか」という部分からも、裏を返せば「総理の指示ではない」ことも分かるでしょう。

 

決して「加計君は僕の友達だから、特別に加計学園だけ獣医学部新設を認めて貰えないだろうか」という意味ではありません。

 

ところが、文部科学省事務次官の前川氏がこの書類を入手し、さらに玉木議員にリークする過程でこの「総理のご意向」という6文字が独り歩きしてしまったのです。

 

「ご意向」の意味が本来の意味とは全く違う方向に歪められ、あたかも「総理が加計ありきで進めた」かのような印象がつけられてしまったということです。

 

f:id:cample-hq:20171111115601j:plain

(引用:加計学園問題「総理のご意向」の意味がついに解明。伝言ゲームで誤解が広まった | netgeek

 

しかし、本当の意味は上で説明した通り「ご意向=早く規制緩和をやれ」です。
「忖度」でもなんでもありません。

 

したがって、やはりこの文書の存在が明らかになったとしても「総理の関与」は否定されます。

 

重ねて言いますが、やはり「明確な証拠」がありません。

 

 

スポンサーリンク


>>mineoのおすすめ記事<<

 

まとめ/ただの野党の「言いがかり」

 

以上が、いわゆる「モリカケ問題」の簡単な説明です。

 

なにが論点なのか、どこまで分かっているのか、証拠はあるのか・ないのか、について全体的なお話ししました。

 

これらの「疑惑」は週刊誌が報じたのが始まりですが、それから9か月
決定的な証拠は未だ出てきていないのが現状です。

 

今後また進展があれば追記したいと思います。

 

政治・ニュースに興味を持つきっかけになれば幸いです。

 

論点整理/明確な証拠はどこにもない

 

  • 森友学園問題とは「払い下げられた国有地の価格が極端に安かったこと」と「その不当な取引に首相や夫人が関与していたのではないか」という疑惑である。

 

  • 加計学園問題とは「なぜ規制の厳しい獣医学部の新設が加計学園だけに認められたのか」について「加計学園の理事長と安倍首相の友人関係が影響しているのではないか」という疑惑である。

 

  • 今のところ、どちらの「疑惑」に関してもそれを裏付ける証拠は出てきていない。

 

 

参考サイト

 

  1. 森友学園 - 毎日新聞
  2. 「能力ない」安倍昭恵夫人潰し狙い首相官邸が森友問題リークか…監視のため公務員をスタッフに | ビジネスジャーナル
  3. 2017年2月17日 衆議院予算委員会 全編 - YouTube
  4. 加計学園 獣医学部新設問題|NHK NEWS WEB
  5. 緊急特番「消えた参考人が丁寧に説明!加計学園」 政策工房代表取締役社長・国家戦略特区ワーキンググループ委員 原英史 上念司【チャンネルくらら】 - YouTube
  6. 加計学園 獣医学部新設問題|NHK NEWS WEB
  7. モリカケで生き延びようとする「民進党なるもの」たち
  8. 小柳ルミ子と加計問題 「ずる賢さの技術」とは何か | 文春オンライン
  9. 加計学園問題「総理のご意向」の意味がついに解明。伝言ゲームで誤解が広まった | netgeek
  10. 加計学園報道、もうマスコミは「敗北」を認めた方がいい(髙橋 洋一) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)
  11. 玉木さん、あなたにモリカケ疑惑を追及する資格はない

 

【最終更新:2017年11月12日】