もえろぐ

仮想通貨からアウトドア、家電まで! 男のエンタメブログ!

アコースティックギターとクラシックギターの違い/「ヘッド」と「弦」と「ブリッジ」と「弾きかた」と「ネックの太さとフレット間隔」が違う

スポンサーリンク

「アコースティックギター(アコギ)」と「クラシックギター(クラギ)」の違いは、主に4点あります。

 

それは「ヘッドの形」「弦の素材」「ブリッジへの弦の固定方法」「弾く際のピックの使用の有無」です。

 

そのほか細かいことですが、「ネックの太さ」「フレット間隔」にも違いがあります。

 

以下、それぞれ解説していきます。

 

ギターの種類として、「クラシックギター」は「アコースティックギター」の一種です。

 

したがって「エレキギター(エレクトリックギター)」と違い、クラシックギターもアコースティックギターと同様に電気を使いません。

 

クラシックギターは電子的な増幅をおこなわずに、生の音で演奏できるのが特徴です。

 

ただし、先に述べたように「アコギ」と「クラギ」には大きく4点違いがあります。

 

ほとんど見た目で判断できる違いです。

 

 

アコースティックギターとクラシックギターの違い

 

f:id:cample-hq:20180609152419p:plain

 

「クラシックギター」は「アコギ」の一種だ

 

アコースティックギターの範囲は広いです。

 

▼アコースティックギター

 

エレキギターで無い限り、アコースティックギターと言えるでしょう。

 

クラシックギターはエレキではないので、アコースティックギターの一種となります。

 

▼クラシックギター

 

クラシックギターを含む「アコースティックギター(アコギ)」とは「電気で音を増幅しなくても演奏できるギター」のことです。

 

見た目で言うと、クラシックギターとアコースティックギターのボディにはケーブル(シールド)を挿す「穴」がありません。

 

逆に、ケーブルを挿す穴はありませんが、ボディには大きな空洞があり、そこから音を出すための「大きな穴(サウンドホール)」があります。

 

アコースティックギターは、指やピックで弾いた弦の音をボディの中で共鳴させ、サウンドホールから大きな音を出して演奏します。

 

反対に「電気を使うギター」と言えば「エレキギター」ですが、エレキの場合はボディに空間がありません。

 

▼エレキギター

 

なので音を大きくするために、電子的な増幅装置を使います。

 

具体的にはシールド(ケーブル)を使って、アンプにつなぎそこから音を出します。

 

▼シールド

 

▼アンプ

 

電子的な変換をおこなって、大きな音に増幅しているということですね。

 

アコースティックギターやクラシックギターは、電子的な変換を一切していないので、弦を弾いたときの音、そしてボディで響かせた「生の音」が聴けるのが特長で最大の魅力でもあります。

 

アコギの別名が「生ギター」というのも納得できますね。

 

「ソリッドヘッド」と「スロテッドヘッド」の違い

 

アコースティックギターのヘッドは「ソリッドヘッド」であることがほとんどです。

 

▼ソリッドヘッド

f:id:cample-hq:20180609150611j:plain

ヘッド (ギター) - Wikipedia

 

分かりやすく言うと、「穴が開いてないヘッド」です。

 

「ペグ(手で回す部分)」を回して「ペグポスト(弦を巻き付けるネジの部分)」に弦を巻き付けて、弦を張ります。

 

クラシックギターのヘッドは「スロテッドヘッド」です。

 

▼スロテッドヘッド

f:id:cample-hq:20180609150915j:plain

クラシック・ギター - Wikipedia

 

つまり「穴(2つの細長い穴)が開いているヘッド」です。

 

ペグを回して、その穴を貫通する支柱に弦を巻き付け、弦を張ります。

 

「ナイロン弦」と「スチール弦」の違い

 

アコースティックギターは、スチール弦(金属製)が一般的です。

 

▼スチール弦

 

スチール弦は金属製の弦なので固く、「ギュンギュン」とした音が特徴です。

 

一方でクラシックギターは、ナイロン弦やガット弦が一般的です。

 

▼ナイロン弦

 

ナイロン弦の音は、スチール弦より柔らかく、温かみがあります。

 

特に音色が優しいのでクラシック音楽やボサノバなど「あまり激しくない音楽」の演奏に向いています。

 

「ブリッジピンで固定」か「ブリッジに巻き付ける」かの違い

 

 

アコースティックギターの場合、ブリッジにはピンが挿し込まれています。弦を固定するときはそのピンに巻き込むように穴に挿し、固定します。

 

クラシックギターの場合、ブリッジにピンは無く、ブリッジのバーに巻き付けるようにして固定します。

 

ピックを「使う」と「使わない」の違い

 

 

アコースティックギターでは「ピック」を使って弾くことが多いのです。

 

しかし、クラシックギターでは「ピック」を使わず指で弾いて演奏します。

 

ネックの太さとフレット間隔にも違いがある

 

ここからは補足ですが、アコギとクラシックギターを比べると「ネック」と「フレット」にも違いがあります。

 

やや見分けが難しいですが、こんな違いがあります。

 

ネックの太さの違い

 

アコースティックギターのネックは「細い」です。

 

クラシックギターのネックは「太い」です。

 

f:id:cample-hq:20180609151901p:plain

アコースティックギターとクラシックギター比較解説 ミュージックサロン本八幡 店舗情報-島村楽器

 

フレット間隔の違い

 

アコースティックギターのフレット間隔は「広い」です。

 

クラシックギターのフレット間隔は「狭い」です。

 

f:id:cample-hq:20180609152031p:plain

アコースティックギターとクラシックギター比較解説 ミュージックサロン本八幡 店舗情報-島村楽器

 

まとめ

 

  • クラシックギターはアコースティックギターの一種である。
  • クラギのヘッドには穴がある。アコギには無い。
  • クラギの弦はナイロン。アコギはスチール。
  • クラギにはブリッジピンが無い。アコギにはある。
  • クラギはピックを使わない。アコギは使う。
  • クラギのネックは太い。アコギは細い。
  • クラギのフレット間隔は狭い。アコギは広い。