もえろぐ

仮想通貨からアウトドア、家電まで! 男のエンタメブログ!

車でコンセントを使いたい!シガーソケットで携帯を充電する『インバーター』


スポンサーリンク


キャンプに行くにあたってシミュレーションした結果上がってきた問題。

それはクルマの中で携帯・スマホの「充電」をどうするかということ。
 
そこでクルマ用品店をブラブラ散策。

そこで見つけた解決策がこれ!
 
シガーソケットをコンセントにしちゃうという「インバーター」であります!
 
これすごい便利。おすすめ!
 

車でコンセントを使う

 

f:id:cample-hq:20170422222408p:plain

3WAYインバーター(DC12V車専用/定格出力:120W)

 

 

使い方は超簡単!

 
  1. 買う。
  2. シガーソケットにぶっ挿す。
  3. エンジンをかける。
  4. コンセントに充電器をぶっ挿す。
 
これだけ! 工事も不要!
 
素人でもシガーソケットの場所さえ分かれば大丈夫!
 
でも購入するにあたって調べなければならないことが3つあります。
 
以下、まとめて書いておきます。
 
必ず確認してください。
 
ちゃんと注意事項を守らないとクルマが壊れます。
 
 

1.クルマのシガーソケットは「12V」か「24V」か

 
クルマのシガーソケットには2つのタイプがあります。
 
12V24Vです。
 
これを見分けて使わないと大変なことになります。
 
あなたのクルマはどっちですか?

自家用車はだいたい「12V」だと思いますが、ちゃんと確認しましょう。
 
確認方法は簡単。
 
シガーソケットに書いてあるのでそれを見ればいいだけです。
 
簡単ですよね?
 
シガーソケットの「周り」か「フタ」を見てください。
 
どこかに書いてあるはずです。

書いて無ければ、ダッシュボードに入っているであろう「説明書」を読みましょう。
 
ここには必ず書いてあります。
 
※ちなみに僕の場合(軽自動車)は「12V」でした。
 

2.使いたい電力(ワット数)を計算する

 
次に、クルマの中で自分が使いたい電気の量(ワット数)はどのくらいになるのか計算します。
 
単純な足し算ですからご安心を。

使いたい電気器具の先端部分(=コンセントプラグ)の周辺に書いてあるはずなので、探してください。
 
たとえば僕はスマホの充電器を使いたいです。

クルマで移動中に充電したいんです。(友達のスマホも合わせて)
 
僕のスマホの充電器には「定格消費電力 0.22A」と書かれています。

A(アンペア)は100倍するとW(ワット)になるので、つまり「22W」ってことですね。
 
要するに、僕のスマホを充電するためには22W必要だということ。
 
友達のスマホの充電器(20W)+僕の分(22W)=42W
 
ざっと計算すれば「50W」あれば余裕ですね。

さらに余裕をもって80W、100Wもあればまず問題ないでしょう。
 
※ちなみに、パソコンはだいたい「100W以上」、スマホは「20W」前後と言われています。
 

3.コンセントの「口数」はいくつ必要なのか

 
使いたい電子機器はいくつかるのか=コンセント口の口数ですね。

これを最後に確認します。
 
僕の場合であれば、2人分の充電器を挿したいので2つのコンセント口が必要ですね。
 
製品によっては「コンセント口が1つ」のタイプのものもあれば、「コンセント口1つ、USB口2つ」のタイプもあります。
 
UBS口で充電できるならそういうタイプでもいいですね。

 

結論(僕の場合)

 

上で書いたことを僕の場合に当てはめて考えてみましょう。

 

具体例があったほうが分かりやすいですからね。

 

皆さんの場合はどうなるのか、僕の例を参考に考えてください。

 

前提:


クルマの中で「スマホを2台」充電したい。

 

必要なスペック:


12Vシガーソケット用、80W以上、コンセント口2つ以上 

 

導き出された答えがこれ:

 

 

 おわり。