もえろぐ

仮想通貨からアウトドア、家電まで! 男のエンタメブログ!

「同封」と「同梱」の違い|サイズと梱包数で考えると分かりやすい

スポンサーリンク

「同封」「同梱」はすごく似た言葉です。


なので、あいまいな使い方をしていると色んな人を混乱させてしまいます。

 

使い分けには気をつけましょう。

 

「同封」と「同梱」の違いは、ズバリ「サイズ」「梱包の数」の違いです。

 

  • 同封:1つの封筒に2つ以上のものを入れる。(封筒サイズ/梱包数:1)

 

  • 同梱:1つのに2つ以上のものをそれぞれ梱包して一緒に入れる。(サイズ大/梱包数:2以上)


それぞれの意味について、以下に具体例を出しながら解説していきます。

 

同封と同梱の違いをきちんと理解して、使い分けていきましょう。

 

 

 

 

同封:いくつかのものを1つの封筒に入れるときに使う言葉

 

同封とは「同じ包みに入れる」という意味です。

 

ですから「AとBを同封する」とは、「AとB」がふたつ同時に入っている状態です。

 

たとえば、あなたが「AはBの封筒に同封しましたよ」と言った場合、相手が封筒を開けたとき「AとBが揃って入っている」状態でなければ「同封」とは言えません。

 

そして重要なのは、このとき封筒は1つだけだということです。

 

封筒の中には、Aというもの、Bというものが入っています。

 

ただそれぞれは個別の「封筒」に入れられているわけではありません。ここに注意してください。

 

あくまで「包み(封筒)」は1つ、外側の大きな封筒だけの状態です。

 

このように、封筒に複数のものを入れて送る場合は「同封」という言葉を使います。

 

例文:「社員証は、入社案内の封筒に同封してあります」

 

⇒ 入社案内が入っている封筒を開けると「入社案内の書類」が入っていて、一緒に「社員証」も入っている。

 

f:id:cample-hq:20170412203122p:plain

 

 

au・ドコモ両方で使える格安スマホ(SIM)- マイネオ

>>mineoのおすすめ記事<<

 

同梱:段ボールに入れるときに使う言葉

 

同梱とは「複数の包みを1つの包みに入れて一緒に送る」という意味です。

 

つまり「AをBに同梱する」とは、「B」という入れ物があって、その中に「A」という入れ物を入れて梱包するということです。

 

ですから、箱を開けるとまず「B」が入っていて、同時に「A」の包みも入っているということになります。

 

Aを取り出すには、さらに包みを開けなければなりません。

 

通常は小包や段ボール、箱類などの大きなもの送るときに「同梱」という言葉を使います。

 

分かりにくければ、下の例文を参考にしてください。

 

例文:「納品書は、商品段ボールに同梱して送ります」

 

⇒商品が入っている箱を開けると「商品」と「封筒」が入っている。封筒を開けると「納品書」が入っている。

 

ポイントは「包みの中に包みが入っている」ということ。

 

商品を包む段ボールの中に、さらに「包み(封筒)」が入っていて、その中に納品書が入っている。

 

これが「同梱」です。

  

 

  

同封と同梱の違い

 

ここまでお気づきになられたかたもいらっしゃると思います。

 

「同封」と「同梱」の違いは、ひとつは「サイズの違い」です。


封筒サイズであれば「同封」を、それ以上なら「同梱」を基本的には使うことが分かったと思います。

 

ただし「封筒」であっても「大きい封筒」に「小さな封筒」を「複数」入れて送る場合があります。

 

これは「同梱」と言って差し支えないでしょう。

 

つまり、封筒を開けるとまた封筒があるような状態(マトリョーシカのような状態)なら、それは「同梱」ということです。

 

そのため、二つ目の違いは「梱包の数の違い」とも言えます。

 

「Aさんの書類(封筒1)」「Bさんの書類(封筒2)」「大きいサイズの封筒」に入れた場合、「AさんとBさんの書類は封筒に同梱している」と言うことになります。

 

封筒の中に封筒が入っているとか、段ボールの中に封筒が入っているとか、箱の中に箱が入っているとか、そういう状態のことを「同梱」と言います。

 

au・ドコモ両方で使える格安スマホ(SIM)- マイネオ

>>mineoのおすすめ記事<<

 

まとめ

 

  • 「封筒」なら「同封」と言う。
  • 「封筒以外」なら「同梱」と言う。
  • ただし、封筒でも「二重に包まれた状態(マトリョーシカ)」で送るなら「同梱」と言う。