もえろぐ

アラサー男のエンタメブログ! アニメと映画をたくさん観るために今日もいっぱい働くよ!

【Windows10】ウィルス対策ソフトは「Windows Defender」で十分なのか?/1年使ってみた感想「性能と評判は普通」


スポンサーリンク


パソコンのOSが「Windows 10」だと、標準で「Windows Defender(ウィンドウズディフェンダー)」というウィルス対策ソフトが付いてきます。

 
「Windows Defender」「無料」の機能です。
(※Windows Vista以降のOSには標準搭載されています)
 
この「Windows Defender」を1年使ってみた感想としては、ライトな使い方(調べものとか音楽や動画を楽しむ程度)なら「Windows Defender」で十分です。
 
ウィルス感染も特になかったです。問題はありません。
 
「Windows 10」のパソコンを買った時点で、すでにこの「Windows Defender」が付いてくるわけですから、新しくウィルス対策ソフトをインストールする(購入する)必要は無いと思います。
 
ただし「無料」の機能には限界があります。

インターネットバンキングや株取引、クレジットカードでネットショッピングを楽しむ場合など、個人情報を頻繁にやり取りするようになってきたら「Windows Defender」だけでは不十分と言えます。
 
有料の「ウィルス対策ソフト」を買って、導入したほうが安心できます。
 

 f:id:cample-hq:20170514202929p:plain

 

比較サイトで「Windows Defender」の評価をみて見る

 
ウィルス対策ソフトの比較サイトで、「Windows Defender」の評判をみて見ると以下のようなコメントが付けられています。
 
 
Windows Defender:無いよりはマシ
 
ウイルス&スパイウェア対策性能はあまり良くありません。他のセキュリティソフトを何も入れないよりはマシという程度です。
 
なかなか厳しい評価です。
 
しかし「そこまでひどいものなのか?」という疑問が湧いてきます。

なぜなら「Windows Defender」は「Microsoft」が作った機能だからです。 
 
そもそも「Windows Defender」は、パソコンに不慣れで「ウィルス対策ソフト」を導入せずにインターネットにうっかり接続してウィルスに感染する人が続出したために「Windows Defender」が標準搭載されるようになった、という経緯があります。
 
「Microsoft」がそんな「穴だらけ」のウィルス対策で良しとするはずがありません。
もう少し詳しく検討してみましょう。
 

プロによる「Windows Defender」の評価を確認する

 
「Windows Defender」について深堀りするとこんな記事が出てきます。
 
 
まさに僕が知りたいことですね。
 
「AV-Comparatives」という第三者機関の調査結果を用いながら解説しています。
信憑性のある情報ですね。
 
「偽陽性(誤弾き)」という概念は初めて知りました。
「なるほど!」と思いました。
 
この記事の「Windows Defender 」に対する評価をまとめるとこんな感じです。
 
  • 「Windows Defender 」=なかなか優秀。(調査結果から)
  • 「誤弾き」が多めとは言え、ウィルスのシャットアウト率は「なかなか良い」。
 
要するに、「Windows Defender」の性能は「そこまで悪くない」という評価です。
 

「Windows Defender」で十分な人/不十分な人

 
先ほど参考にした記事を読み進めると、最後に「Windows Defender」で十分な人とそうではない人についてまとめてくれます。
 
要約するとざっとこんな感じかと思います。
 

「Windows Defender」で十分な人

 
  • 大手企業のサイトや有名なページ、そのほか一般的なウェブページの閲覧がほとんど。
  • 外国のサイト、アダルトサイト、そのほか怪しげなウェブサイトを見ない。
 

「Windows Defender」では不十分で危ない人

 
  • 個人情報を多く扱う。
  • ネットショッピングを日常的かつ頻繁に行う。
 

1年使ってみたけどウィルスに感染しなかった

 
僕も「Windows Defender」で十分でした。
1年使ってみましたけど、ウィルス感染はゼロですね。
 
▼「Windows Defender」のスキャン状態

f:id:cample-hq:20170818135015p:plain

 
そこまでリスクのある使い方をしていませんからね。
メインの使い方としては、
 
  • インターネットで調べもの
  • ブログを書く
  • 映画を楽しむ
  • 音楽を楽しむ
 
この程度の使い方なら「Windows Defender」で十分だと思いますね。
たまに「フルスキャン」機能で「本当にウィルス感染してないか確認する」くらいですね。
 
面倒と言えば面倒ですが、慣れれば大したことはありません。
 
▼「Windows Defender」の画面

f:id:cample-hq:20170818135030p:plain

 

まとめ:ライトユーザーは「Windows Defender」で十分だ

 
  • 調べもののためにWebブラウジングするだけ、とか。
  • ブログ書くだけ、とか。

こういうライトなユーザーは「Windows Defender」で十分なようですね。
新しくウィルス対策ソフトを入れる必要は無いです。
 
僕が思うに、冒頭の比較サイトで「Windows Defender」が酷評されてたのは恐らく求めるレベルが高いのだろうと思います。

確かに「有料ソフト」に比べたら、セキュリティレベルが劣るからね
 
 

「AVG」という無料ウィルス対策ソフト

 
基本的には、「Windows Defender」で不安なら「有料ソフト」を買ってくれ、という結論になります。
 
ただ、一応「Windows Defender」以外にも「無料ソフト」はあります。
 
たとえば「AVG」という無料のウィルス対策ソフトがオススメです。
 
 
実はこれ、さっきの比較サイトにも載ってたやつなんですよね。
それなりに評価されてました。
 
でもやっぱり「無料」のソフトの機能は限られているので、「Windows Defender」で足りないなら「AVG」でも不足かもしれません。
 
個人的には「有料ソフト」を買って、ウィルス対策を万全にしたほうが良いと思います。
 

有料のウィルス対策ソフト3本

 
有料ソフトは種類があるので、選択肢が増えますね。
それなりに知名度のあるソフトならどれでも良いと思います。
 
たとえば、有名どころだと「ウイルスバスター」とか
 
 
マカフィー」とか
 
 
ノートン」とかですかね。
 
 

まとめ

 
これから、個人情報やネットバンキング等々リスクが増えてきたら「Windows Defender」から「有料ソフト」に切り替えて、セキュリティを強化したいと思います。