もえろぐ

アラサー男のエンタメブログ! アニメと映画をたくさん観るために今日もいっぱい働くよ!

「同封」と「同梱」の違い|サイズと梱包数で考えると分かりやすい


スポンサーリンク


「同封」「同梱」は似た言葉です。


あいまいな使い方をすると色んな人を混乱させてしまうので気をつけましょう。

 

「同封」と「同梱」の違いは、サイズ梱包の数の違いと考えてください。

 

  • 同封:1つの封筒に2つ以上のものを入れる。(封筒サイズ/梱包数:1)

 

  • 同梱:1つの箱に2つ以上のものをそれぞれ梱包して入れる。(サイズ大/梱包数:2以上)


それぞれの意味について、例を出しながら説明していきます。

 

au・ドコモ両方で使える格安スマホ(SIM)- マイネオ

>>mineoのおすすめ記事<<

 

 

同封:いくつかのものを1つの封筒に入れるときに使う言葉

 

同封とは「同じ包みに入れる」という意味です。

 

ですから「AとBを同封する」とは、1つの封筒に「AとB」が同時に入っている状態です。

 

「AはBの封筒に同封しました」と言った場合、相手が封筒を開けたら「AとBが揃って入っている」状態でなければなりません。

 

そして重要なのは、このとき封筒は1つです。

 

封筒の中には、Aというもの、Bというものが入っていますがそれぞれは「封筒」には入っていません。外側の大きな封筒だけの状態です。

 

このように、封筒に複数のものを入れて送る場合は「同封」という言葉を使います。

 

例:「社員証は、入社案内の封筒に同封してあります」

 

⇒ 封筒を開けると入社案内の書類が入っていて、社員証も入っている。

 

f:id:cample-hq:20170412203122p:plain

 

 

au・ドコモ両方で使える格安スマホ(SIM)- マイネオ

>>mineoのおすすめ記事<<

 

同梱:段ボールに入れるときに使う言葉

 

同梱とは「複数の包みを1つの包みに入れて一緒に送る」という意味です。

 

「AをBに同封する」とは、「箱B」があって、その中に「箱A」を入れて梱包するということです。

 

つまり、箱を開けると「B」が入っていて、同時にまた「箱(A)」が入っているということです。

 

Aを取り出すには、さらに箱を開けなければなりません。

 

通常は小包や段ボール、箱類などの大きなもの送るときに「同梱」という言葉を使います。

 

例:「納品書は、商品段ボールに同梱して送ります」

 

⇒商品が入っている箱を開けると「商品」と「封筒」が入っていて、その封筒を開けると「納品書」が入っている。

 

f:id:cample-hq:20170412204121p:plain

 

同封と同梱の違い

 

ここまででお分かりいただけたと思いますが、

「同封」と「同梱」の違いは、1つは「サイズの違い」です。


封筒サイズであれば「同封」を、それ以上なら「同梱」を基本的には使います。

 

ただし「封筒」であっても「大きい封筒」に「小さな封筒」を「複数」入れて送る場合があります。

 

これは「同梱」といって差し支えないでしょう。

 

つまり、封筒を開けるとまた封筒があるような状態(マトリョーシカのような状態)なら、それは「同梱」ということです。

 

そのため、2つ目の違いは「梱包の数の違い」とも言えます。

 

「Aさんの書類(封筒1)」「Bさんの書類(封筒2)」「大きいサイズの封筒」に入れた場合、「AさんとBさんの書類は封筒に同梱している」と言うことになります。

 

au・ドコモ両方で使える格安スマホ(SIM)- マイネオ

>>mineoのおすすめ記事<<

 

まとめ

 

  • 「封筒」なら「同封」と言う。
  • 「封筒以外」なら「同梱」と言う。
  • ただし、封筒でも「二重に包まれた状態(マトリョーシカ)」で送るなら「同梱」と言う。