もえろぐ

実家暮らしの20代独身男が今期アニメを面白おかしく解説するブログ。ときどき日記を書きます。

頑固な「クレジットカード嫌い」が、傲慢な「キャッシュレス至上主義者」に言いたいこと


スポンサーリンク


「キャッシュレスな生活をしている」こと自体は、個人の自由です。
 
好きにしたらいいと思う。
 
だけど「キャッシュレスな生活をしない人はバカ」とまで言い切っちゃうのは、ちょっと違う気がする。
 

 

頑固な「クレジットカード嫌い」の小さな変化

 
僕は頑固な「クレジットカード嫌い」です。
 
僕の中で「クレジットカード」と言えば「リボ払い」「キャッシング(借金)」という悪しきイメージが強すぎて、これまで「クレカアレルギー」と言っていい程に極端にクレジットカードを嫌って生きてきました。
 
クレカのクの字も嫌いって程に。
 
「クレジットカード嫌い」で損をしたことはありません。
現金払いで困ったことも不便に感じたこともありません。
 
ただ、ですね。
最近は年齢を重ねたせいか少し考え方が変わってきたように思います。
 
あるいは、Twitter上で「金持ちの人のクレカの使い方」を張り付いてウォッチングしてきたせいかもしれません。
「なるほどな~、一理あるなあ」と考えさせられることが多かったです。
 
もちろん今でも「クレカ=悪」の構図は変わりません。ここは頑固です。
「クレカ=悪」が「クレカ=善」になるくらい劇的な変化(転向)が起きたというわけではないです。
 
じゃあ具体的に何が変わったのか。
要するに「賢い使い方がある」ということを理解した、ということです。
 
「ポイント還元」とか「キャッシュバック」の特典ですね。
まったく知らなかったわけじゃないけど、この辺に実に鈍感だった。
 
これが分かれば、自分は「クレジットカードが嫌い」なのではなく、「愚かな使い方(リボ払いやキャッシング)が嫌い」なだけであって、クレジットカードそのものを嫌う必要はまったく無いことに気が付きました。
 
笑っちゃうくらいささやかな変化でしょ?www
いいよ、笑えよ。
 
元「クレジットカード毛嫌い派」の僕が、頑固な「クレジットカード嫌い」の皆さんに伝えたいのは「賢い使い方(ポイント還元を受け取るとかキャッシュバックを受け取るとか)」をすれば、損をするどころか得をしますよ、ということです。

どうせクレジットカードを嫌うなら、「賢い使い方がある」ということを知ったうえで嫌っても遅くは無いはずです。
 
「詳しくないけど、なんか嫌い」より「詳しく知っているからこそ、嫌い」のほうが、カッコ良くないっすか?
 

気に食わない「キャッシュレス至上主義者の傲慢さ」

 

f:id:cample-hq:20170731115028p:plain

 
そもそもこの記事をどうしてこんなことを書こうと思ったのか。
そのきっかけについて、少し触れておきますね。
 
突然ですが!
 
意識高い系の人ってクレカ払い推奨派のこと、多くないですか?

キャッシュレス最高~!」みたいな軽いノリの人、見たことありません?
 
僕はそういうノリの人、よく見かけます。
「キャッシュレス最高」っていうか、「キャッシュレスなアタシってス・テ・キ☆」みたいな人かもしれないけど。
 
べつに、そういうパリピみたいな激寒なノリで「クレカ最高~!」と叫んでる分には僕に実害が無いので好きにしたらいいと思うのですが、たまにそこから一歩進んで「クレカ使わない奴はバカ」みたいなこと言っちゃってるクソ野郎がいるんですよね。
 
ついこの間も、クレジットカードについて書いてるサイトでそういう論調の記事を読んだんですよ。
 
おかしくないか?
 
「現金払い主義の人」を完全にディスってるんですよ。
見下してるって言うんですかね。
 
もう一度言います。
おかしくないか?
 
クレカで払うか、現金で払うかなんて「支払いの方法」の話じゃないですか。
それぞれ好きな支払いをしていて、何が悪いの? と僕は言いたい。
 
「やかましいわボケ!」と。
「余計なお世話じゃ」と。
 
これって「便器に座ってションベンするような男は、仕事も遅いから会社ではノケモノ扱いされていることが多い」レベルで妄言ですよ。

「知らんわwww そんなこと!(苦笑)」って感じ。ほっといてくれ、どうでもいい。
どうせ「クレカ最高~!」って叫ぶなら、「クレカ」がいかに素晴らしいかを語ってくれ。

「クレカ」使わないことがいかにダメかじゃなくてさ。
思わずつぶやいてしまったよ。
 

  

クレカ嫌いとクレカ愛好家の間で橋渡しをしたい

 
言いたいことを一言でまとめるとこうなります。
 

f:id:cample-hq:20170731121338j:plain

 

分かるんですけどね、キャッシュレスな生活の「良さ」みたいなものが。

 

分かる。
分かるよ。

 

でも、いきなり「クレカ嫌い」の人の前に現れて「クレカ最高!」って叫んでみたところで、「は?」って顔されるだけなんだよね。

 

自分が絶対に正しいと思ってる人って、どこか傲慢さが透けて見えてイラっとするんだよね。そういう奴らって人の話聞かないじゃん? 輪をかけてイラっとするよね。

 

だから僕は自分が「クレカ嫌い」だった経験を踏まえて、両者の橋渡しをしたいと思っています。

 

べつに「クレカ嫌いの人」を「クレカ好き」にしたいわけじゃなくて、「クレカを使い倒してあなたの生活を向上させませんか」って感じのアプローチ。

 

クレカは魔族だから未熟な魔術師が召還すると闇の力に負けて自分が食われちゃうけど、使いこなせれば強力な武器になるよって感じ。

 

「クレカの闇の部分を警戒しているあなたの知能レベルなら、クレカのダークサイドに堕ちることなく賢く使いこなせるはずです」とも付け加えたいね。

 

いくつか、クレカに関する記事がアップできればと思う次第です。