もえろぐ

アラサー男のエンタメブログ! アニメと映画をたくさん観るために今日もいっぱい働くよ!

VISAとJCBとMasterCardの違い|国際ブランドの選び方


スポンサーリンク


いざクレジットカードを作ろうとすると、「VISA」・「JCB」・「MasterCard」の中から選ぶよう選択を迫られます。
 
でも「VISAとJCBとMasterCardの違い」ってすぐに分かりますか?
これは学校でも習わないことです。クレカを作るときに初めて考えることだと思います。
 
何がどう違って、どういう意味があるのか。
ここではそれぞれの違いと選び方について簡単に説明します。
 

f:id:cample-hq:20170730210736p:plain

 

VISA・JCB・MasterCard=「決済システム」の名前

 
まず、VISAやJCBやMasterCardというのは、クレジットカードの「決済システム」の名前です。
 
クレジットカードの1回払いでモノを買うということは、要するに「つけ払い」です。
いったん「決済システム」に立て替えてもらって、あなたは後から代金を払います。
 
つまり、決済システムというのは

「自分がつけ払いでモノを買ったら、代わりに立て替えてくれる会社の名前」
 
と考えればいいでしょう。大体それで合ってます。
 
クレジットカードは主にショッピングで使うことが多いと思います。
それを例に考えると、
 
たとえば「VISA」というロゴマークが入ったクレカで買い物をした場合、アメリカの「VISA」って会社のシステムを使って「つけ払い(後払い)」することになります。
 
他も同じように「JCB」マークのカードなら、日本の「株式会社ジェーシービー」って会社のシステムで「つけ払い」してます。

そして「MasterCard」ならアメリカの「MasterCard」って会社のシステムで「つけ払い」していることになります。
 

VISA・JCB・MasterCardは「国際ブランド」が違う

 
「決済システム」は「加盟店」と連携することで、「つけ払い」が可能になっています。

そしてこの「加盟店(クレジットカードが使えるお店)」が国境を越えて世界規模で広がっているのが、「国際ブランド」と呼ばれる「決済システム」です。
 
「国際ブランド」=「世界中の色んな国のお店が加盟しているから、世界中でクレジットカードが使える」ってことですね。
 
「国際ブランド」の中でも特に加盟店が多いビッグ3。
VISA・JCB・MasterCardということになります。
 
「VISA」は、シェア1位の国際ブランドです。

次の「MasterCard」と同じくらいの加盟店の多さが特徴ですが、「世界中で使える」と言えば「MasterCard」よりも前からある「VISA」のほうを指します。
 
「MasterCard」も「VISA」と同じくらいの加盟店の多さです。

わずかに「VISA」に劣るのでシェア2位ですが、ヨーロッパにおける加盟店が多いことが特徴です。
 
「JCB」は、唯一国産の国際ブランドです。

加盟店は「VISA」や「MasterCard」に及ばないものの、アジア地域の加盟店の多さが特徴です。
 
ちなみに国際ブランドは、上に挙げた3つ以外にも「AmericanExpress」や「Diners Club」、「中国銀聯」、「Discover」などもあります。
 

「国際ブランド」はどう選ぶべきなのか

 
最後に選び方です。
 
結論から言えば「VISA」を選べば間違いはありません。
 
「VISA」はすでに国際シェアナンバーワンのブランドなので、いろんなお店で使え、特に困ることもないと思うので一番無難な選択です。

クレジットカード決済ができるお店であるにもかかわらず、なぜか「VISA」のカードだけが使えない、ということはまず無いです。
 
国内だけの利用を考えるなら「JCB」のみでもいいのですが、人生何が起きるか分かりません。

「私は海外旅行も海外出張も絶対に無い」と考えていても、いざ海外に行くことになってしまった場合、「JCB」カードしか持ってないと海外で困るかもしれません。
 
したがって最初から「JCB」という国内で強いカードに限定するのではなく、国内外で使える「VISA」をおすすめします。
 
もし「VISA」のカードをすでに持っているというのなら、次に「MasterCard」がおすすめです。

「VISA」同様に加盟店が多いブランドなので、「VISA」と併せ持つことで「カードが使えなくて困る」ということを回避できます。
 
言い方を変えてみると、
 
最初の1枚目、あるいは1枚しかクレジットカードを持たない人には「VISA」がおすすめ。
 
2枚目には「MasterCard」を選んで保有ブランドの種類を増やす。
 
そして3枚目は「JCB」にして向かうところ敵なしの状態を作る、ということになるかと思います。

まとめ

 
  • VISAとJCBとMasterCardの違いは、国際ブランドの違い。
  • 加盟店(クレカが使えるお店)と使える地域で若干の違いがある。
  • クレカ1枚目はシェアナンバー1の「VISA」が一番無難な選択。
  • 2枚目以降は(「VISA(1位)」に続き)、「MasterCard(2位)」、「JCB(日本国内1位)」とクレジットカードを増やしていけば、3つの国際ブランドを持つことができるので困らない。