もえろぐ

仮想通貨からアウトドア、家電まで! 男のエンタメブログ!

【荒野のコトブキ飛行隊】第11話「イケスカの決闘」感想/やっぱりケイトがカッコかわいい!

スポンサーリンク

どうもコモリです。

 

前回に引き続き『荒野のコトブキ飛行隊』の第11話を観たので、その感想を述べます。

 

▼第10話の感想(過去記事) 

www.moelogue.com

 

そんなに深く考えて観てないので短評だけどうぞ。

 

 

『荒野のコトブキ飛行隊』公式サイト

 

f:id:cample-hq:20190120161847p:plain

 

TVアニメ『荒野のコトブキ飛行隊』公式サイト

kotobuki-anime.com

 

『荒野のコトブキ飛行隊』第11話感想/個人的な感想

 

1話丸ごと空戦っていう贅沢なつくりでしたね。

 

もうイサオも「悪」であることを隠す気もなくなったみたいなので、がっつり悪役やってました。

 

まあ、こういう感じの方が分かりやすくていいね。

 

ただアレだね。まーた、話がちょっと進んでる気がしてそこはちょっと辞めて欲しい。10話と11話の間にもう1話あってもいいくらい端折ってた。

 

ナオミもさらっとコトブキ側に加わってイサオと戦ってるし、ちゃっかりナサリン隊率いてるし、もう何だかなあって感じ。

 

インテリジェンスの部分は結構楽しめた。

 

陽動作戦をしつつ、本命は工場襲撃。ところがそれこそがイサオの罠だった。的な展開が非常に良かった。イサオ、侮りがたい敵だなって思ったもん。

 

あとスパイのスパイ。つまり2重スパイがいて、こちらの情報がだだ洩れだったところ。ここはサラッとやったからこそ面白かったかな。

 

退くのか、退かないのかでハゴロモ丸とポロッカ1号の運命分かれたしね。司令官の決断力の差が見れてここも楽しめた。

 

あとはダイナミックな戦闘戦闘戦闘、空戦空戦空戦でどこみても絵が楽しかったかな。アニメチックだった。これは創作じゃないとできないな。

 

イサオの機体、なんていったか忘れたけど変態だよな軌道がwww SFなんだけど、リアルな軌道らしいじゃんあれで。どんだけ変態機なんだよwww

 

意外だったのはチカ。チカ墜落。まあ例のごとく死にはしないけど、チカが落とされるとは思わなかったな。

 

んでもって! ケイト!!!!!

 

最後のあのシーンめっちゃカッコよくない?www 敵役と対等に戦って、隙をついて落とす。そして聞きたいことを聞く。

 

ケイトってああいう感じの無口で冷静で理屈っぽいけど、アレンのことでいろいろ内に秘めたる思いがあったんだろうな。そういう感じが伝わってきて面白かった。

 

アレンの敵討ち、サブ爺の敵討ち。キリエとケイトの思いも重なって、イサオがどうなるのか楽しみだなあ最終回。

 

まとめ

 

レオナ隊長とイサオの会話がぼく好きですね。

 

結局、イサオがクソ野郎ってことがよく分かったんだけどそれと同時にイオナの根の優しさというか、信じたらそれだけ弱くなるを実践してた感じが悲しかった。

 

まあ、レオナはいいやつなんだろうな。隊長として冷静にあろうとするのであって根はああいう感じで乙女ハートなんだろうなって感じられた。

 

次のお話(第12話の感想)

 

www.moelogue.com