もえろぐ

仮想通貨からアウトドア、家電まで! 男のエンタメブログ!

映画『MEG ザ・モンスター』の感想/セオリーで見やすいストーリー! 最後はやっぱりジェイソンステイサムがサメをやっつける!

スポンサーリンク

映画『MEG ザ・モンスター』を観たのでその感想を述べます。

 

まあまあ面白かったです。

 

 

  

 

映画『MEG ザ・モンスター』の感想とネタバレ

 

f:id:cample-hq:20190203210114j:plain

 

サメ映画っすね。ざっくり語ると。見れば分かるレベルの話で申し訳ないけどwww

 

MEG(メグ)ってのは、巨大なサメ=メガドロンのことです。なるほど、それでメグかって思いました。

 

海底調査をしていたら、古代に絶滅したはずのメガドロンが生息していて、調査用の潜水艇を襲ってきた!やばい! って話です。

 

で、色々あってメガドロンが水面近くまで上がってきちゃって、海上研究所の地上メンバーも襲われるって感じ。

 

なんとか1匹倒すんだけど、なんと2匹いたことが明らかになって被害が拡大。えー!!!!って感じ。

 

超やべえ大きさのサメが、観光客でにぎわう海南島のビーチまで来ちゃったから浅瀬に追い込んで、ギリギリの肉弾戦で辛勝。

 

ようやく平和が訪れたって感じでエンディングを迎えます。

 

やっぱり倒すのはジェイソンステイサムです!!!www

 

巨大なサメとの一騎打ちで目玉を刺して、脳まで貫通させてぶっ殺します。スカッとしました。

 

ジョナスのキャラクターが良かったね。ありがちな設定であったけど、それが行動に納得感とか安心感があって良かった。

 

むかし救助したときは、数人の友達を犠牲にして大勢の仲間を救った光と影があって、その部分がまず大前提としてあって、見やすかった。最初のほうの話でやるからいいよね。

 

あと中国資本。中国資本の映画ってことで中国人がたくさん出てきて、奇妙な感じもしたけどお話はそれなりに良かったと思う。

 

海上研究所の「未来感」も良かったなあ。ワクワクしたポイント。

 

襲われた潜水艇から人員のバイタル情報が送られて来て、生存は確認できるけど通信は出来ないってシチュエーション設定はよくできてると感じた。

 

もどかしいよねあれ。生きてるから救わなきゃいけないんだけど、為す術がないって感じ。モヤモヤするのがいいわ。そして死んだら死んだですぐ分かるって言うのも優れもの。

 

宇宙は遠いけど、南極だって遠いし、深海だって遠いわって感じた。

 

展開が意外と早いね。ただそれだけに雑さもあるかも。

 

40分くらいで潜水艇の救出終わるしね。

 

その後は海の戦い。そして浜辺の戦いって大体3つのパートでなってるね。

 

どれもまあまあ面白いけど、やっぱり絶望感で言えば最初の潜水艇の戦いをずっとやって欲しかったってのが正直なところかなあ。

 

まとめ

 

悪くないね、サメ映画としては。

 

それなりに楽しめる。

 

ただ、絶望感とか緊張感って意味では『海底47m』のほうが圧倒的に上かな。

 

よくあの限られたシチュエーションのなかであんなに面白い映画作れたなあって思う。

 

その点こっちはお金もかかってるし、映像もキレイだけど、なんかもったいないところがあるね。