もえろぐ

仮想通貨からアウトドア、家電まで! 男のエンタメブログ!

【89日目】アコースティックギターのチューニングをやった

スポンサーリンク

アルバイト89日目。

 

今日は珍しい作業をしました。

 

いや、バンドマンにとっては普通なのかもしれないですが、ギターのチューニングです。

 

ちょっと楽しかったです///

 

 

f:id:cample-hq:20180529205126p:plain

 

概要

 

始業 10:00
終業 19:00
労働時間 8時間

 

やったこと

 

  • 外勤

 

所感

 

やっぱり昨日言ってた通り、暇でしたね。

 

たまにお客さんが来たのでボチボチ対応していましたが、イージーモードでしたね。

 

特に価格で揉めたりしませんでした。多少渋られることはあっても、まあ想定内。渋る人はめっちゃ渋るから、かわいいもんですわ。

 

それが終わるとすぐにヒマになりましたね。

 

マジで売るものが無いから何もできない。

 

どうしようもなくかったるい作業を全員でやってました。

 

唯一、今日の作業の中で印象に残ったのはギターのチューニング。

 

これだけは僕の知的好奇心を刺激したね。

 

お客さんから買取したアコースティックギターの弦の張りが緩んで音が変だったので、それをチューニングしたんです。

 

半年勤めてるけど、実は初めての作業。

 

早速店長からやり方を教わって、ついでにギターの「壊れやすいところ」のレクチャーも受けつつ、作業をしました。

 

ガジェット好きとしてはこういう装置、たまりませんな。

 

チューナーなんて機械、あるんですね。知らなかったです。お恥ずかしい。

 

 

そうだよね、みんな絶対音感持ってるわけじゃないしね。

 

6弦から順番に1絃まで指でピッっと弾いて、チューナーに音を聞かせて判定、音が合うまで弦を張ったり緩めたりします。

 

これくらいの作業だったら、機械音痴の人にも出来るし、楽器弾けない無能(俺)でもできるから安心した。

 

チューナーってすごいね。

 

音感もリズム感も無くても、チューナーが合ってるか合ってないか教えてくれるから、アホでも簡単にチューニングができるわけだわ。はえ~~~~

 

面白いね、チューニング。

 

ぼく将来の夢はチューニング屋さん。

 

ギターのチューニングしてカネ取るんだ。サッカーで優勝したよ!

 

ギター引けたわけでも何でもないのに、なんか楽しかったね。驚きですな。

 

いや、たぶん音を出すという楽しみを知ったからだと思う。

 

生の悦びを知った。

 

前の日

 

www.moelogue.com

 

次の日

 

www.moelogue.com