もえろぐ

仮想通貨からアウトドア、家電まで! 男のエンタメブログ!

ジーパンとジーンズとデニムの違い/ダサくないのは「デニム」という言いかた


スポンサーリンク


ジーパンジーンズデニムの違いについて解説します。

 

特に気になるのは「言いかた(呼びかた)」ですよね。

 

結論から言うと「デニム」って言っとけば基本おしゃれです。

 

特におしゃれさを求めないなら「ジーンズ」で十分です。海外ではそう呼ぶので。

 

最悪なのは「ジーパン」。

 

おっさん&おばさん扱いされたくなかったら、「ジーパン」呼びはやめましょう。

 

かなりダサいです。

 

ジーパン刑事ですか? 昭和ですか?

 

「ジーンズ」か「デニム」に言い換えましょう。

 

結論(ひと言で)

 

ジーパン:「ジーンズ」+「パンツ」の和製英語。古臭い言いかた。

 

ジーンズ:英語。海外ではジーンズと言えば通じる。普通の言いかた。

 

デニム:ジーンズの生地の名前。おしゃれ。今風の言いかた。(※)

 

(※)ただし「デニム」がパンツを指すとは限らない。デニムのスカートだってジャケットだってあり得るから。要注意。

 

 

 

f:id:cample-hq:20180308191338p:plain

 

ジーパン/「ジーンズ」+「パンツ」の古い言いかた

 

 

諸説ありますが、「ジーパン」という言いかたは「ジーンズ」+「パンツ」の頭文字を合体させて「ジーパン」となったようです。

 

デニム素材のパンツ、いわゆる「ジーンズ」が日本に入ってきたときに「ジーンズ」の「パンツ」として広まりました。

 

この「ジーンズパンツ」が広がっていく中で、それがやがて略されるようになり「ジーパン」となったのです。

 

親世代、おじいちゃんおばあちゃん世代にとっては「ジーパン」という言いかたのほうがしっくりくると思います。

 

ただし、それだけ古臭い言いかたでもあるので要注意です。

 

無意識に使うと「ダサい」です。

 

あるいは、おじさん&おばさん感を与えるので、若く見られたいならやめましょう。

 

親しい間柄、家族の中だけの言いかたです。

 

別の説では、戦後に「G.I.(Galvanized Iron:アメリカ陸軍兵士)」が入ってきて彼らが「ジーンズ」を履いていたので

 

  • 「G.I.」が履いてる「パンツ」

 

という意味で、「Gパン(ジーパン)」となった、とする説もあります。

 

どちらにせよ、日本で生まれた言いかたで、なおかつ昔からある言いかたなので古くてダサいです。

 

 

ジーンズ/海外でも通じる普通の言いかた

 

 

「ジーンズ」とはデニム素材のパンツのことです。

 

イタリアのジェノアという町が発祥とか。

 

ジェノアはフランス語で言うと「ジェーン」に変わるので、ファッションに敏感なパリっ子が「デニム素材のパンツ」を「ジェーンズ」と言い始め、

 

それが段々と略されていった結果、現在の「ジーンズ」になりました。

 

今でももちろん「ジーンズ」と言えば海外でも、ちゃんと通じます。

 

 

デニム/生地の素材の名前。おしゃれな言いかた

 

 

デニム(デニム素材)とは「綿織物」のことです。

 

特にここでは「厚手のもの」を指します。

 

要は「ジーンズ」に使われている生地ですね。

 

青くて破れにくそうなアレです。

 

デニムの語源は「セルジュ・ドゥ・ニーム(ニーム地方の綾織り)」と言われています。

 

セルジュドゥニーム、ルジュニム、ジュニム、デニムとなっていまの形、デニムになりました。

 

「デニム」はかなりおしゃれな言いかたです。

 

場合によっては「デニム」と言ったほうが場の雰囲気に合ってるかもしれません。

 

ただし、あくまで「デニム」は素材の名前です。

 

「デニムのパンツ」だけが「デニム」というわけではありません。

 

「デニムのスカート」もデニムですし、「デニムのジャケット」だってデニムです。

 

時と場合と文脈によっては、「デニムのパンツ」と補足したほうがいいかもしれません。

 

 

まとめ

 

  • ジーパン世代:親世代、おじいちゃん&おばあちゃん世代。カビ臭い言いかた。
  • ジーンズ世代:子供世代。中立的な言いかた。
  • デニム:孫世代。若者の言いかた。