もえろぐ

仮想通貨からアウトドア、家電まで! 男のエンタメブログ!

石屋製菓の『白い恋人』誕生エピソード

スポンサーリンク

友達が帰省で北海道に帰ってくるたびに「会社に持っていくお土産で、何かいいのない?」って聞いてきます。

 

そこで僕がよく推してるのが「白い恋人」。北海道の銘菓ですね。でも意外と「白い恋人」のことを知らなかったので、この際サクッとまとめてみました。

 

 

 

 

北海道のお土産として定番の「白い恋人」

 

石屋製菓株式会社

f:id:cample-hq:20160819104813j:plain

 

「白い恋人」は1976年に発売されました。ものすごいロングセラーのお菓子ですよね~。


2016年に40周年を迎えたことを記念して、特設サイトが公開されています。

 

>>40周年記念特設ページ|石屋製菓

 

 

 

サイト内で「『白い恋人』誕生秘話」が紹介されていました。これが面白かったです。まだ読まれていない方はぜひ!

 

「白い恋人」には元となるお菓子があり、その名を「シェルター」と言います。


1976年(昭和51年)に発売されたお菓子です。発売5年前の1971年に開業した「札幌市営地下鉄」を記念して作られたもの、とのこと。なるほど「シェルター」=「地下鉄」ってことですね。

 

▼「シェルター」

f:id:cample-hq:20160819105252j:plain

引用:40周年記念特設ページ|石屋製菓

 

この「シェルター」というお菓子は要するに「クッキー」です。特に「ラング・ド・シャ・クッキー」と呼ばれるものなんだとか。


ラング・ド・シャ(langue de chat)とは、フランス語で「猫の舌」を意味します。
薄く伸ばした形で、軽い焼き上がりになることから「猫の舌」に例えられたんですね。

 

ラングドシャって言われるとさっぱり分からないけど、見せられると「あ! 知ってる!」ってなるやつだよね。分かるわ。

 

 

 

▼「白い恋人」は薄くて平べったい四角形

f:id:cample-hq:20160819104309j:plain

引用:白い恋人 - 石屋製菓

 

で、このラング・ド・シャ・クッキー「シェルター」が販売されたわけですが評判が思いのほか良かったらしいです。

 

このことを受け、当時の石水専務は「さらにホワイトチョコレートを組み合わせてはどうだろう」とひらめいたそうです。ここから「白い恋人」開発が始まったんですね~。

 

「白い恋人」の名付け親は、創業者の石水幸安氏。

 

 

 


自身が「歩くスキー」を楽しんだ後で、ふと空から舞い落ちる雪を見た際「白い恋人たちが降ってきたよ」とつぶやいた、これが命名のヒントとなりました。

 

ロマンチックやん!笑い

 

あと、私は知らなかったんですけどこの「白い恋人」に使用している小麦粉は「100%北海道産」なんだとか。

 

完全に「道産オンリー」に切り替わったのは2012年と意外と最近。味を変えずにこのクッキーの主原料となる「小麦」を切り替えには並々ならぬ努力があったみたいですね。

 

相当苦労したようで、石屋製菓はこの2012年が「白い恋人」の「再デビュー」の年と位置付けています。

 

 

 

まとめ

 

よく見かけるお菓子、定番のお菓子にも色々あったんだなあって思いました!

 

▼「白い恋人」には、丸い形もある

f:id:cample-hq:20160819104353j:plain

引用:白い恋人 - 石屋製菓