もえろぐ

仮想通貨からアウトドア、家電まで! 男のエンタメブログ!

【最新2018】高級オーブントースター|デザインがおしゃれなトースター5選


スポンサーリンク


高級オーブントースターを5つ紹介します。 

 

ただのトースターにしてはどれも値段が高いですが

 

安いものと比べるとデザインがおしゃれなので、外観を重視するなら高級オーブントースターがおすすめです。

 

メーカーごとに特徴があるのでそれで選んでも良いですし、同じモデルの中でもカラーバリエーションが違うつ雰囲気が変わるので、部屋のインテリアにぴったり合うものを選んでください。

 

関連記事:【最新2018】オーブントースター|おすすめ人気ランキング【比較】 - もえろぐ

 

関連記事:【最新2018】縦型オーブントースター|おすすめ人気ランキングベスト5【比較】 - もえろぐ

 

au・ドコモ両方で使える格安スマホ(SIM)- マイネオ

>>mineoのおすすめ記事<<

 

 

高級オーブントースター|デザインがおしゃれなトースター

 

1.【アラジン】グリル&トースター

 

 

価格:18,660円(1/28)

 

特長

 

  • 「遠赤グラファイト」搭載。
  • 熱伝導率が高く、遠赤外線量が多い。
  • 0.2秒の瞬間発熱。
  • 素早く外はカリッと中はふんわり焼き上げられる。
  • グリル、オーブン、蒸し料理用の専用容器付属。

 

メリット

 

  • デザインが良い。
  • 落ち着いた色合い(カラー)。
  • 立ち上がりが早い。
  • 中はモチっと外は香ばしく焼ける。
  • トースト4枚が一気に焼ける。
  • 唐揚げ、ハンバーグなどの調理も可能。

 

デメリット

 

  • 高い。
  • 厚みのある食材は焼きムラがある。
  • 調理中の庫内が見づらい。
  • 上火のみ、下火のみの調整ができない。

 

▼ブラック

 

 

▼ホワイト

 

 

▼グリーン

 

 

2.【デロンギ】ミニコンベクションオーブン

 

 

価格:20,365円(1/28)

 

特長

 

  • 世界最小クラスのコンベクションオーブン。
  • 熱を対流させて焼き上げるから焼きムラを抑える。
  • 本格調理からトーストまでの万能選手。
  • コンパクトで邪魔にならない。
  • 1400Wの高火力。予熱も最小限で済む。
  • シンプルな操作で使いやすい。
  • 付属の「ピザストーン」でピザ、餅、焼きおにぎりが作れる。
  • トレイとオイルプレートも付属。

 

メリット

 

  • デザインがおしゃれ。
  • コンパクト。
  • パンくずの掃除がラク。
  • ピザがカリっと仕上がる。

 

デメリット

 

  • 小さい。
  • 大量の調理には不向き。
  • 取り出すときにトングが必要。
  • 上火より下火が弱い。
  • パンくず受けがスライドして前に出てこない。

 

 

3.【シロカ】グラファイト&コンベクショントースター

 

 

価格:21,297円(1/28)

 

特長

 

  • 0.2秒の瞬間発熱で素早く焼き上げ。
  • 熱風循環加熱方式を採用。
  • トーストもノンフライ料理もおいしくできる。
  • ピザプレート付属。
  • 水を足さなくてももっちり食感のトーストが焼ける。
  • トーストとベーコン、ウィンナー、野菜など同時に焼ける。
  • 温度設定は100~280℃。
  • タイマー設定は最大30分。

 

メリット

 

  • デザインがスタイリッシュ。
  • 発熱が早い。
  • トーストの焼き上がりが早い。
  • グリル野菜がおいしく焼ける。

 

デメリット

 

  • 値段が高い。
  • 庫内入口の高さが足りない。
  • トレーの出し入れがしにくい。

 

▼ホワイト

 

 

▼ブラウン

 

 

au・ドコモ両方で使える格安スマホ(SIM)- マイネオ

>>mineoのおすすめ記事<<

 

4.【バルミューダ】スチームオーブントースター

 

 

価格:28,729円(1/28)

 

特長

 

  • スチームでパンの水分や香りを閉じ込める。
  • 完璧なヒーター制御で焦がさずにアツアツに温める。
  • 窯から出したばかりの焼きあての味を実現。
  • チーズトースト、クロワッサン、バゲットの焼き上げにぴったり。

 

メリット

 

  • デザインがおしゃれ。
  • 表面はカリっと中はフワフワにできる。
  • パンを美味しく焼き上げられる。
  • カスタマーサービスが充実してる。

 

デメリット

 

  • 高い。
  • 庫内が狭い。
  • パンくずがこぼれやすい。
  • 水洗いができない。

 

▼ホワイト

 

 

▼ブラック

 

 

▼グレー

 

 

5.【クイジナート】コンパクトトースターオーブンブロイラー

 

 

価格:8,581円(1/28)

 

特長

 

  • ベイク、ブロイル、トースト、ウォームの4つの機能搭載。
  • お菓子作りからメイン料理まで使えるコンパクトトースター。
  • 温度設定ができるからローストチキンなどもできる。
  • ブロイル機能でグラタンやドリアができる。
  • ウォーム機能を使えば保温が簡単。
  • 付属のメッシュラックを使えば餅も焼ける。

 

メリット

 

  • デザインがおしゃれ。
  • 見た目がかわいい。
  • 形がスタイリッシュ。
  • 掃除しやすい。
  • 大きさがコンパクト。

 

デメリット

 

  • 前面のフタとグリル台が連動しない。
  • 庫内の高さが低い。
  • 調整ダイヤルが高級感に欠ける。
  • 熱源が少ない。

 

 

まとめ

 

アラジンなら『グリル&トースター』。

 

▼ブラック

 

 

▼ホワイト

 

 

▼グリーン

 

 

デロンギなら『ミニコンベクションオーブン』。

 

 

シロカなら『グラファイト&コンベクショントースター』。

 

▼ホワイト

 

 

▼ブラウン

 

 

バルミューダなら『スチームオーブントースター』。

 

▼ホワイト

 

 

▼ブラック

 

 

▼グレー

 

 

クイジナートなら『コンパクトトースターオーブンブロイラー』。

 

 

au・ドコモ両方で使える格安スマホ(SIM)- マイネオ

>>mineoのおすすめ記事<<

 

あわせて読みたい記事

  

【最新2018】オーブントースター|おすすめ人気ランキング【比較】 - もえろぐ

 

www.moelogue.com

 

【最新2018】縦型オーブントースター|おすすめ人気ランキングベスト5【比較】 - もえろぐ

 

www.moelogue.com