もえろぐ

仮想通貨からアウトドア、家電まで! 男のエンタメブログ!

【最新2018】体重計・体組成計|おすすめ人気ランキングベスト5【比較】


スポンサーリンク


おすすめの体重・体組成計を紹介します。 

 

おすすめは『カラダスキャン(HBF-214) オムロン』です。

 

大きな表示で見やすく、立ったままでも見やすいです。

 

トップはフラット設計なのでゴミやホコリが溜まりにくく、掃除もしやすいのです。

 

体重はもちろん、体脂肪率、基礎代謝、BMI、内臓脂肪レベルなども計測できるので、おすすめです。

 

 

 

体重計|おすすめ人気ランキング

 

1.【人気】カラダスキャン(HBF-214) オムロン

 

 

価格:3,380円(1/19)

 

特長

 

  • 大きな文字表示。
  • 測定結果が立ったままでも見やすい。
  • フラットでツルっとしたデザイン。
  • 表面に溝やデコボコが無いからゴミやホコリが付きにくい。
  • 掃除が簡単。
  • スリム設計。厚さ28㎜で収納しやすい。

 

計測できること

 

  • 体重
  • 体脂肪率
  • 体脂肪率判定(4段階)
  • 基礎代謝
  • BMI
  • 骨格筋率
  • 骨格筋率判定(4段階)
  • 内臓脂肪レベル
  • 内臓脂肪レベル判定(3段階)
  • 体年齢
  • 前回値メモリ

 

メリット

 

  • 値段が手ごろ。リーズナブル。
  • 薄くて立てかけられるから隙間に収納できる。
  • 大きな表示で見やすい。
  • シンプルで使いやすい。
  • デザインがスタイリッシュでおしゃれ。
  • 家族4人分のデータが保存できるから便利。
  • ガラストップで拭き掃除しやすい。
  • 軽い。
  • 測る時間が短い。

 

デメリット

 

  • スマホ連携できない。
  • やや誤差がでる。
  • ハイエンドモデルと比べると正確な測定結果ではない。
  • カラーがブラウンだとホコリや汚れが目立つ。
  • 測り直し時の長押しがめんどう。

 

 

2.【安い】体重計 タニタ

 

 

価格:2,380円(1/19)

 

特長

 

  • シンプルなデザイン。
  • 厚さ35㎜の薄型モデル。
  • 乗るとスイッチがオンになる(ステップオンタイプ)
  • 重さわずか990gの計量設計。

 

計測できること

 

  • 体重

 

メリット

 

  • シンプル。
  • 軽い。
  • 安い。
  • 電池が長持ちする。
  • 電源が無いから測りやすい。手間が無い。
  • 体脂肪計など不要な機能が付いていない。

 

デメリット

 

  • バックライトが無いから表示が見にくい。
  • 体重以外は何も計測できない。
  • 計測にやや時間がかかる。
  • 白黒表示(モノクロ)が見にくい。

 

 

3.【正確】体組成計 タニタ

 

 

価格:3,191円(1/19)

 

特長

 

  • 軽量薄型モデル。
  • 大型表示。文字高30㎜で立ったままでも見やすい。
  • 乗るだけで誰が乗ったか判定(乗るピタ機能)。
  • 早く測れる。最短8秒で計測。

 

計測できること

 

  • 体重(最大150kg/目量最小0-100kg迄・100g単位/100-150kg迄・200g単位)
  • 体脂肪率(判定付)
  • BMI
  • 筋肉量
  • 内臓脂肪レベル(判定付)
  • 基礎代謝量(判定付)
  • 体内年齢
  • 過去データ(前回値)
  • アスリートモード
  • 登録人数5人+ゲストモード

 

メリット

 

  • 軽い。
  • 多機能の割に安い。
  • コスパが良い。
  • 100g単位で計測できる。
  • 体内年齢が計測できる。

 

デメリット

 

  • 操作がやや難しい。複雑。
  • 高齢者にとっては見にくい画面。
  • 体重以外の計測結果が分かりにくい。
  • 画面の大きさの都合上、字が小さい場合がある。

 

 

4.【小型】カラダスキャン(HBF-212) オムロン

 

 

価格:2,580円(1/19)

 

特長

 

  • 薄さ29㎜の小型設計。
  • A4封筒にすっぽり入るスリム設計。
  • フラットトップで手入れがしやすい。

 

計測できること

 

  • 体重
  • 体脂肪率
  • 体脂肪率判定(4段階)
  • BMI
  • 内臓脂肪レベル
  • 内臓脂肪レベル判定(3段階)

 

メリット

 

  • 安い。
  • 軽い。
  • デザインがシンプル。
  • コンパクト。
  • 置き場所に困らない。

 

デメリット

 

  • 計測終了時のサインが無いので分かりにくい。
  • 端を踏むと不安定になり危ない。
  • 畳で使うとき不安定になる。
  • 設定が分かりにくい。

 

 

5.【運動】インナースキャン50 タニタ

 

 

価格:4,400円(1/19)

 

特長

 

  • 乗るだけでスタート。
  • 継続状況に合わせて表示が変わる(マイサポ機能)。
  • わずか8秒で測れる。
  • 厚さ27㎜。薄型コンパクトモデル。
  • 50g単位で計測可能。
  • 乗っただけで誰か判定(乗るピタ機能搭載)。

 

計測できること

 

  • 体重
  • BMI
  • 体脂肪率
  • 筋肉量
  • 推定骨量
  • 内臓脂肪レベル
  • 基礎代謝量
  • 体内年齢(6才~99才まで測定可能)
  • アスリートモード付き
  • 登録人数5人+ゲストモード
  • 過去データ(前回値)

 

メリット

 

  • デザインが良い。
  • スリムな設計。
  • 多機能。色々測ることができる。
  • 50g単位で測れるからダイエットに使える。
  • 個人のデータを保存できるから健康管理に便利。

 

デメリット

 

  • 精密すぎて乗る度に結果が変わる。
  • アプリで管理できない。
  • 小数点以下の表示が見にくい。

 

 

まとめ

 

おすすめの体重・体組成計は『カラダスキャン(HBF-214) オムロン』です。

 

 

安さで選ぶなら『体重計 タニタ』。

 

 

正確さで選ぶなら『体組成計 タニタ』。

 

 

小型なのが良いなら『カラダスキャン(HBF-212) オムロン』。

 

 

運動やダイエット用なら『インナースキャン50 タニタ』。