もえろぐ

アラサー男のエンタメブログ! アニメと映画をたくさん観るために今日もいっぱい働くよ!

【最新2017】炭酸入浴剤|おすすめ人気の入浴剤をピックアップ【比較】


スポンサーリンク


お風呂が最高に気持ちいい季節になりましたね!

 

そこで今回は人気の入浴剤についてまとめます。

 

個人的に「しゅわあああああ」ってなるやつが好きなので

 

「炭酸入浴剤(気泡がたくさん出るタイプ)」を中心にピックアップしてます。

 

 

f:id:cample-hq:20171206123233p:plain

炭酸入浴剤の特徴

 

簡単に炭酸入浴剤の説明を。

 

炭酸入浴剤は「炭酸ガス」を発生します。

 

イメージとしては「しゅわあああああ」ってなる入浴剤のことです。

 

具体的には「バブ」とか「きき湯」とかのことです。

 

炭酸ガスのなにが「良い」のかというと

 

お湯に溶けた炭酸ガスが体の末端血管を刺激して血管を膨張させ、血流量を増やすからいいんです。

 

血流量が増えるということは、血行が良くなるってことですからね。

 

冷え性や疲労感、肩こり、腰痛を和らげる効果があります。

 

いい香りも大事なんですが、炭酸ガスでしゅわしゅわするとリラックス効果が高まるので、炭酸入浴剤をおすすめします。

 

炭酸入浴剤

 

1.バブシリーズ

 

湯船の中で「しゅわー!」ってなるやつの定番といえば、「バブ(花王)」。

 

人気のバブをまとめて紹介します。

 

果物・柑橘系

 

1番人気は果物系・柑橘系

 

 

 

ひのき・森林浴

 

あとリラックス効果が高い「ひのき」「森林浴」も人気。

 

 

 

ローズ・ハーブ

 

ちょっとリッチな気分を味わいたいなら「ローズ」とか「ハーブ」がおすすめ。

 

 

 

ちなみに筆者は北海道出身なので、ラベンダーもおすすめしておきたい。

 

 

見えるだろうか、富良野のラベンダー畑が。


見えるだろうか、ラベンダー味のソフトクリームが。

 

バブのお徳用パック

 

バブはお徳用が用意されている。


「ウチはバブ」と決めてる人はまとめ買いしておくと良いだろう。

 

 

2.バブ メデケイティッド

 

バブの上位互換。

 

普通のバブの「10倍」の泡を出して、体に効くというのが、この「メデケイティッド」。

 

1箱20個入りのノーマルタイプに比べて、こちらは1箱に6個しか入っていない。

 

超高級品のバブということになる。

 

 

3.きき湯シリーズ


最近メジャーになりつつあるのが、この「きき湯」

 

タイプは6つある。

 

疲れとか悩みとか改善したい症状に応じて、きき湯を使い分けることをおすすめする。

 

【肌荒れ・しっしん】クレイ重曹炭酸湯

 

重曹が「血行促進」と「新陳代謝」を促す。


また重曹効果で肌を清潔に保ち、皮脂を落とし、肌表面の衛生的にする。

 

 

【腰痛・肩こり】マグネシウム炭酸湯

 

硫酸マグネシウムが「血行促進」と「新陳代謝」を促すのは重曹と同じ。


の芯まで温めて、筋肉の緊張をやわらげることで、腰痛と肩こりを改善。

 

 

【疲労感】カリウム芒硝炭酸湯

 

「塩化カリウム」と「芒硝(ぼうしょう)」が温浴効果を高め、血行を促進。

 

肌表面に保温ベールをつくることで温かさを長持ちさせる。

 

ぽかぽかしている状態が長続きするので、リラックス効果で疲労感をやわらげる。

 

 

【冷え性】食塩炭酸湯

 

食塩が血行を促進。
保温ベールをつくるのはカリウムと同じ。

 

湯上りのあとも保温効果が持続するから、冷えづらく疲労回復効果がある。

 

 

【だるさ】カルシウム炭酸湯

 

炭酸カルシウムが温浴効果を高めて、血行を促進。


保温ベールで温かさを持続させ、だるさを改善。

 

 

【にきび】ミョウバン炭酸湯

 

ミョウバンが血行と新陳代謝を促進。
肌の汚れを落として清潔に保つ。

 

肌荒れ・にきび・しっしんをやわらげ、肌をさらさらすべすべにする。

 

 

【スペシャルモデル】香りつき

 

フィギュアスケートの羽生結弦選手のモデル。


森林浴調ということで、フォレストグリーンの色になる。

 

森林由来のエッセンシャルオイルで深い安らぎのある香り。

 

 

スキージャンプ界の「レジェンド」である葛西選手を中心にしたモデル。


柑橘の香りということで、リフレッシュイエローの色になる。

 

柑橘由来のエッセンシャルオイルで、みずみずしいすっきりとした香り。

 

 

きき湯の豆知識

 

ちなみに、なんで「きき湯」は「粒状」で形がバラバラなのかと言うと

 

リアルな「炭酸泉」に近づけるため。

 

粒状であることで「湯船全体に、一気に炭酸ガスを発生」させて、お湯が湧き上がる感じを出している。

 

そして粒がバラバラであることで、均一な粒よりも表面積を増やし

 

きめ細かい泡を長い時間発生し続けられるようにしている。

 

炭酸ガスは2時間お湯の中にとどまるように設計されているから

 

1番風呂の人以外でも炭酸ガスの効果は十分ある。

 

あと蛇足だが「きき湯」はバスクリン社のブランド。

 

バスクリンの人気が振るわない中で「香り」ではなく「実用性」を重視して開発されたのがこの「きき湯」。

 

バスクリンからきき湯に主力商品を移行させたのは、うまいなあと思う。

 

4.温包シリーズ

 

アース製薬からは「温包」シリーズ。

 

「ゆず」か「生姜」という2択だと、ハズレは少ない。

 

 

「ゆず」も「生姜」もただの「ゆず」と「生姜」ではなくて

 

「ゆず」は「ゆず」でも、「もぎたてゆず」「甘熟ゆず」「ほっこりゆず」「ほろ苦ゆず」といった4種類のゆずの香りがブレンドされている。

 

同じように「生姜」も「ハーブ生姜」「はちみつ生姜」「とうがらし生姜」「ゆず生姜」という4種類の香りをブレンドするこだわりよう。

 

アース製薬のこだわりブレンドに、根強いファンがいる。

 

 

泡入浴剤

 

泡入浴剤と言えば

 

個人的には「子供向け」のイメージが強かった。

 

 

ただ、高級感のある泡入浴剤も出ていて、これは完全に大人用。

 

で、どっちかって言うと「女性向け」だね。

 

「バブルバス」っていうらしい。

 

 

泡だけじゃなくて「とろとろのお湯」になるのもポイント。

 

コラーゲン、ヒアルロン酸、アロエエキス配合で肌に優しく、

 

上質なリラックス効果に期待できる。

 

粉末入浴剤

 

温泉好きだけど、しょっちゅう温泉に行ってられない。

 

そんな時はやっぱり「湯めぐり」セットだよね。

 

1箱で日本全国各地のご当地温泉をめぐれるから、毎回のお風呂が楽しい。

 

 

個人的には「乳青色(ブルー)」の猿倉温泉が好き。

 

液体入浴剤

 

液体系と言えば「エモリカ(花王)」。

 

乳白色が特徴だよね。

 

個人的には「肌が弱い」から刺激が少なくて助かる入浴剤。

 

肌荒れ、湿疹、あせもに効果がある。

 

 

まとめ

 

無難に選ぶなら「バブ」「きき湯」ですね。

 

 

ご当地ものだと「くまもん」のバスクリン。

 

 

あと高級志向だと、「温素」ってのがある。

 

 

アルカリ泉を再現しているから「ヌルヌル」とした湯ざわり。

 

これが肌を柔らかくして、肌表面を滑らかにする美人の湯。

 

アソートだと「バラエティ福袋」ってのがあるから、ギフトにおすすめ。