もえろぐ

アラサー男のエンタメブログ! アニメと映画をたくさん観るために今日もいっぱい働くよ!

ブロガーの間で「Sarahah (サラハ)」が流行っているらしいから僕も始めてみた


スポンサーリンク


いま「Sarahah (サラハ)」というサービスがいま流行っています。

 

乗るしかないッ! このビックウェーブにッ!!!

 

ということで僕もサラハ始めてみました。

 

5分もあればアカウントが作れるので、すぐに始められます。

 

匿名で質問を受け付けるときに便利なアプリです。

 

 

「Sarahah (サラハ)」って何?/匿名でメッセージを送るアプリ

 

f:id:cample-hq:20171126155902j:plain

(引用:https://matome.naver.jp/odai/2151075863697536701

 

インスタグラムでヒットした「アプリ」のことです。

 

このアプリを使うと「匿名」でメッセージが送信できます。

 

「Twitterだって匿名のやり取りじゃないか」

 

という声が聞こえてきそうですが

 

メッセージの「送信側」「Sarahah (サラハ)」のアカウントがなくてもメッセージを送ることができます。

 

つまり「自分のアカウント」という概念が無い、

 

ということは「特定のアカウント(自分のアカウント)」と「メッセージの内容」が結びつくことなく使えるんですね。

 

これが「Sarahah (サラハ)」最大の特徴です。

 

マジで「匿名」で話しかけることが出来るってことですね。

 

清廉潔白な人の公式アカウントが「ギャルのパンティおくれーーーっ!! 」って突然ツイートしたら、もうそりゃあ大問題なんですが

 

この「Sarahah (サラハ)」を使えば誰が送ったメッセージなのか誰にも分からないので

 

変態紳士諸君は、安心してギャルにどうしようもないメッセージを送れるってことです。

 

(※違います)

 

「Sarahah (サラハ)」はどうやって始めるの?/3ステップで登録完了

 

じゃあ実際に使ってみましょう。

 

始め方は簡単で、アプリをダウンロードして、メルアドとかを入力すればおしまいです。

すぐに使えます。

 

アプリをダウンロードする

 

iPhone:

Sarahah

Sarahah

  • ZainAlabdin Tawfiq
  • Social Networking
  • Free


Android:

play.google.com


PC:

www.sarahah.com

 

必要項目を入力する

 

アカウントを新たに作成します。

 

登録画面はこんな風に入力します。

 

f:id:cample-hq:20171126163252p:plain

 

入力が終わったら「Register」を押せば完了です。

 

補足1:Username:メッセージ募集ページのURL

 

メッセージ募集のページを作成するわけですが、URLの一部を任意に設定できます。

 

具体的に言うと、募集ページは「XXXX.sarahah.com」になるんですが、サブドメインの「XXXX」の部分は自由に決められます。

 

※英語と数字のみ入力可。
※日本語、記号は使用不可。

 

 

補足2:募集ページに表示するための名前(表示名)

 

自分のアカウント名みたいなもの。

日本語も利用可能。

 

マイメニューを見てみる

 

登録が終わり、ログインした状態になります。

 

f:id:cample-hq:20171126163841p:plain

 

あとは先ほど設定した「XXXX.sarahah.com」をSNS上で拡散すれば

 

メッセージを受け取ることができます。

 

僕であれば「moelogue.sarahah.com」を拡散すれば

 

匿名の誰かからメッセージを受け取れるというわけです。

 

ファンレター待ってます!/「moelogue.sarahah.com」へどうぞ!

 

というわけで、Sarahah(サラハ)の紹介でした。

 

皆さんからの温かい応援メッセージ待ってます。

 

moelogue.sarahah.com

 

ちなみにまだ誰からもメッセージ受け取ってません笑

 

はじめたばっかだし、まあ、多少はね?

 

ドギツイものじゃない限り

 

気軽に聞いてくれたら、気軽に答えるけど……

 

「いま何色のパンツ履いてるの?」とかそういう質問はダメだぞ!

 

恥ずかしいから///

 

 

実際に「Sarahah」を使ってみた/ビジュアル的に面白いやり取りができる

 

自分で自分にメッセージ送ってみました。

 

 

「返信」Twitter上でおこなうと、こんな感じに表示されます。

 

受信メッセージが画像になっていて、それに答えるという形がパッと見て分かるようになっています。

 

面白いし、便利ですね。