もえろぐ

アラサー男のエンタメブログ! アニメと映画をたくさん観るために今日もいっぱい働くよ!

「間違い」と「間違え」の違い/「間違い」が主流。迷ったら「間違い」を使うべし


スポンサーリンク


「間違い」と「間違え」の違いについて説明します。

 

結論だけ言うと

 

  • 「間違い」「手順や方法の誤り」「取り違い」「うっかりミス」「失敗」に加え、「反道徳」「反社会」「倫理に反する」ような「価値観」を非難する意味合いもあります。

 

  • 「間違え」「手順や方法の誤り」「取り違い」「うっかりミス」「失敗」(価値観を含まない誤り)

 

なので、うっかりミスのような場合にはどちらを使っても良いのですが、道徳」「倫理」などの価値観が入る誤りの場合は「間違い」を使います。

 

結論と例文

 

  • 皿と茶碗を取り間違ってしまった=「間違い」でも「間違え」でもOK
  • 誤ってボタンを押してしまった=「間違い」でも「間違え」でもOK
  • A氏は人の道に反する=「間違い」を使う
  • A氏のやり方は卑怯だ=「間違い」を使う

 

「間違い」も「間違え」も、意味的にはほとんど違いはありません。
ただ、意味合いがより広い「間違い」を使うことが一般的なようです。

 

ですから迷ったら「間違い」を使うと覚えておくと良いでしょう。
改まった場面でも「間違い」を使うのが無難です。

 

 

f:id:cample-hq:20171119184609p:plain

 

「間違い」/より「広い」言いかた(迷ったらこっち)


「間違い」は、自動詞「間違う」連用形名詞化したものです。

 

  • 「間違う」+「ます」=「間違います」(連用形「い」で名詞化)

 

名詞としての使われかたは、次に説明する「間違え」と同じです。

 

ただ、使われる頻度としては「間違い」のほうが多いので、主流と言えるでしょう。

 

実は意味的な違いはほとんどありません。

 

「間違い」も「間違え」も、言いたいことは「間違っていること」を指しているので、意味はほぼ同じだからです。

 

ですから「間違い」を使っても「間違え」を使っても、そこまで問題はないのです。

ただし次の場合は「間違い」を使います。

 

  • 道徳的に間違っている
  • 倫理的に間違っている
  • あるべき姿(状態)になっていない

 

これらのような「価値観」によって「誤り」と思われるものについては「間違い」を使います。


なぜなら「間違え」に「価値観の判断」は含まれていないからです。

 

「間違え」/「価値観」を含まない誤り


「間違え」は、他動詞「間違える」連用形名詞化したものです。

 

  • 「間違え」+「ます」=「間違えます」(連用形「え」で名詞化)


すでに述べた通り「間違い」も「間違え」も意味的には、ほぼ同じです。

 

ただ「間違い」のほうが使われる頻度が高いので、「間違え」を使うと違和感が出る場合があります。

 

ビジネス書や行政文書で「間違え」が使われないのもそのためです。

 

また「間違え」は「価値観」が含まれない言いかたなので、「誤り」の意味合いとしては比較的狭いと言えます。

 

ですから、「間違い」と「間違え」で迷ったら上で説明した「間違い」を使ったほうが無難でしょう。

 

まとめ

 

  • 「間違い」も「間違え」も意味は、ほとんど同じ。
  • したがって、どちらを使ってもさほど問題は生じない。
  • ただし「反道徳」や「反社会」、「倫理に反する」など価値観が含まれる場合の「誤り」については、「間違い」を使う。

 

参考URL

 

www.nhk.or.jp