もえろぐ

アラサー男のエンタメブログ! アニメと映画をたくさん観るために今日もいっぱい働くよ!

「話し」と「話」の違い/見分けるポイントは「動詞」か「名詞」か


スポンサーリンク


文章を書いていて迷うことがあります。
それは「話し」「話」の使い分けです。

 

「あれ??? どっちだったっけ?」

 

たまによく分からなくなるので、調べてみました。

 

結論から言うと、

 

  • 動詞として使うなら「話し」
  • 名詞として使うなら「話」

 

を使います。(具体例は以下の通りです)

 

 

f:id:cample-hq:20171112184524p:plain

 

「話し」は動詞として使う/動きがあるときに使う

 

「話し」は行為にくっついて使われます。

 

なので「話し○○」と使われることが多いです。

 

その他の見分け方としては「はなし」を「喋る」に置き換えて考えるとよいでしょう。
意味が通じれば「話し」を使います。

 

例えば、次の「はなし」は全て「喋る」という行為に置き換えて考えることができます。


なので「話し」が正解です。

 

ちなみに、前後の文章の品詞(動詞か名詞か)を知りたいときはこちらのサイトが便利です。

≫ 日本語自動品詞分解ツール - konisimple tools

 

 

  • 「話し言葉」…喋るときの言葉
  • 「話し声」…喋っている声
  • 「話し合い」…お互い喋る
  • 「話します」…喋ります
  • 「どうぞお話しください」…喋りかける
  • 「あの人に話しかけてはいけない」…喋ってはいけない
  • 「私からお話ししたいと思います」…私が喋る

 

「話」は名詞として使う/特定の内容を指し示すときに使う

 

一方、こちらの「話」は名詞として使います。

 

例えば「はなし」の前が「○○話」「○○の話」という形になっていれば、「はなし」は名詞です。


この場合は「話」を使います。

 

 

  • 「昔話」
  • 「世間話」
    「内緒話」
  • 「秘密の話」
  • 「あたしの話を聞け!」
  • 「あのさぁ… 昨日の話なんだけど…」
  • 「あの話、覚えてますよね?」
  • 「そのような話、覚えていませんね」

 

また「はなし」のあとに「が・を・の・に・で・から」などの言葉(助詞)が続いている場合も、「はなし」が名詞として使われているので「話」となります。

 

繰り返しになりますが、文章中の品詞(動詞か名詞か)をチェックしたいときはこちらのサイトが便利です。

≫ 日本語自動品詞分解ツール - konisimple tools

 

 

  • 「話が分かる」
  • 「話が合う」
  • 「話が付いた」
  • 「話が弾む」
  • 「話が違う」
  • 「話が早い」
  • 「怖い話が聞きたい」
  • 「話の腰を折るなよ」
  • 「お話にならんな」
  • 「彼の話で合点がいった」
  • 「その話からすると…」

 

まとめ

 

「話し」は動詞として使う場合。
「話」は名詞として使う場合。

 

分からなくなったら「動作」なのかを考えよう。

 

具体的な動作として「喋る」のなら「話し」を使えばよい。
そうじゃないなら「話」を使うのが正解。