もえろぐ

アラサー男のエンタメブログ! アニメと映画をたくさん観るために今日もいっぱい働くよ!

時短でお得に! 本(ビジネス書)の内容を要約して教えてくれるサービスを3つ紹介する


スポンサーリンク


本をたくさん読みたいと思っていても、時間が無くてまったく読む時間を取れない。


速読もフォトリーディングも出来ない。

 

そんなときは「本を要約してくれるサービス」を使って、時短を実現しましょう!


普通にビジネス書を買うよりもお得に、かつたくさん本に短時間で触れることができます。

 

 

f:id:cample-hq:20170825143021p:plain

 

本の要約サイト『flier(フライヤー)』

 

www.flierinc.com

 

印象:本の要約を「読みに行く」

 

「無料」と「有料」のプランがあります。
まずは気軽に「無料」プランから試してみてはいかがでしょう?

 

おすすめポイント

 

  • 選書の範囲は「いま話題の本」から「不朽の名著」までをカバー。
  • 専門家が精読してから内容を簡潔に要約しているので高品質。
  • PC・スマホ・タブレット対応。いつでもどこでも、隙間時間にすぐ読める。
  • 気になった本はそのままAmazonで即購入OK。

 

無料サンプル

 

無料で読める要約 | 本の要約サイト flier(フライヤー)

 

料金プラン

 

・フリープラン(詳細

 

料金:無料
冊数:20冊

 

・シルバープラン(詳細

 

料金:500円/月
冊数:20冊+5冊(有料コンテンツ内)

 

・ゴールドプラン(詳細

 

料金:2,000円
冊数:無制限

 

新刊書を紹介する月刊誌『TOPPOINT(トップポイント)』

 

www.toppoint.jp

 

印象:本の要約が「紙で届く」

 

上にあげた『flier(フライヤー)』は、いわば電子書籍です。

 

一方でこの『TOPPOINT(トップポイント)』は、要約した内容が「紙」になって手元に送られてきます。

 

印刷と発送がある分、料金は割高になってしまいますが、どうしても「紙で読みたい」という人にぴったりのサービスです。

 

おすすめポイント

 

  • 月刊誌はB5版サイズ。約50ページでコンパクトにまとまっている。
  • 1冊あたり4ページで紹介。約5,000文字程度だから15分で読み終わる。
  • 『TOPPOINT(トップポイント)』は一般書店では販売されていない月刊誌である。
  • 一読の価値ある新刊書をいち早く「手短に」知ることができる。
  • 「書評」ではなく、あくまで「概要」がまとまっている。書籍の購入を検討する際の「判断基準」にも使える。
  • 広告を貼っていないので中立な立場から書籍選定されている。

 

無料サンプル

 

サンプルを読む | TOPPOINT

 

料金プラン

 

・1年間(12冊)(詳細

12,960円(1冊あたり1,080円)

 

・2年間(24冊)(詳細

23,760円(1冊あたり990円)

 

・3年間(36冊)(詳細

32,400円(1冊あたり900円)

 

書籍ダイジェストサービス『SERENDIP(セレンディップ)』

 

www.serendip.site

 

印象:本の要約が「電子配信で届く」

 

読みに行く『flier(フライヤー)』と紙で届く『TOPPOINT(トップポイント)』のいいとこどりしたようなサービス。

 

要約文がメールで届くので、スキマ時間にサクッとビジネス書に目を通すことができます。

 

おすすめポイント

 

  • A4版3枚程度のダイジェストが配信。効率的。
  • ダイジェストは毎回違うジャンルが送られてくる。
  • 新書、文庫、新刊、海外書籍、ベストセラーなど、普段は読まないものに自然に触れることができる。
  • ビジネス書に限らず経済、テクノロジー、文化、政治などビジネスパーソンに欠かせない教養が身につく。
  • バックナンバー約1,400タイトルが全て閲覧可能。

 

無料サンプル

 

書籍ダイジェストサービスSERENDIP(セレンディップ)

 

※2週間の無料のお試し期間もあります。

 

2週間無料試読のお申込み

 

料金プラン

 

年間契約:30,000円(月あたり2,500円)(詳細

 

 

まとめ

 

ビジネス書ってわりと重要な部分が少なめですよね。

 

1つや2つのことを説明するために、多くのページを割いている印象。
ぶっちゃけ、分かってる人にはノイズでしかないんです。

 

「それは分かってるから、早く結論を言ってくれ!」ってなります。

 

書籍要約サービスを使えば、そういった無駄な部分をそぎ落としてくれるから、効率く良く読書ができます。

 

電子配信を選べば邪魔にならないですし、売ったり処分する手間も省けて一石二鳥。

ぜひお試しあれ!