もえろぐ

実家暮らしの20代独身男が今期アニメを面白おかしく解説するブログ。ときどき日記を書きます。

YouTuberヒカルとマックスむらいの対談動画/『AppBankの栄光と没落』がビジネス書のような内容で面白い


スポンサーリンク


YouTuber嫌いのビジネスマンにもおすすめしたい動画っす!
 
もう僕はそれ以前の問題としてYouTuberにも、ヒカルにも、マックスむらいにも興味がないので詳しい事情は分かりませんが、たまたま見た程度のにわか知識でも今回の動画は十分楽しめました。
 
まだ見てない人は「いい暇つぶし」になるので、ぜひ動画を活用してください。
 
そうね、でも内容はわりと真面目な話も入ってるので……
 
ビジネス書とか自己啓発本を普通に読める程度の読解力のある人なら、この動画の面白さが分かると思う。
 

どんな動画なのか/ヒカルがマックスむらいに「いまどんな気持ち?w」って聞く動画

 
 
端的に言うと、
 
  • YouTubeで大活躍していたマックスむらいは、なぜ転落したのか。
  • Appbank(会社)を立ち上げる前と後でマネタイズの構造はいかに変化したか。変化していったか。
  • これからのAppbankとマックスむらいの経営戦略とは何か。
 
こんな感じでしょうか。

そしてこれらの質問をYouTuberとして後発にあたるヒカルがインタビューする形式ってとこが面白い。
 
ヒカルがインタビュアーだから、いつもとちょっと違った毛色の動画になってるんですね。
 
そしてヒカル自身が自虐気味に「そろそろ賞味期限が切れそう」ってことを言ってるところが、震えますねwww 危機感持ってたんか。
 
「所詮、Youtuberなんぞ水物(みずもの)だ」と。
 
大活躍、頂点、そして転落と激しいアップダウンを経験したマックスむらいだからこそ語れる話を聞きながら、ヒカルが身の振り方を考えている感じ、模索してる感じは実に興味深かったです。(たとえ演出だとしても)
 
マックスむらいはYoutuber界のしくじり先生扱いなんでしょうかね。
ヒカルが微妙にディスりつつ、でも全体としては援護している部分も笑えます。
 
でも『むらいエンディングだけは避けたい』って話は、さすがにひどかったけどwww
 
AppBank興亡史のなかで、マックスむらいが話していた「ブログ読者、Youtube見てる人、Twitter見てる人、ニコ生見てる人はひとまとまりに見えて、実は案外「層」が被ってないから、人気者の状態で全部に手を出せばシナジー効果で全部の売り上げが爆上げします」って話は素直に「おもしれえ!」って思いました。
 
あと、やっぱ今回は2人ともYoutuberという身分よりも、「ヒカル(株式会社VAZ執行役員)」と「村井智建(AppBank株式会社取締役CCO)」の経営者同士の対談って感じが強いですね。
 
お互い好きなことしているわけだけど、会社作っちゃったからには自分が看板であり続け、なおかつ自分以外も食わせていかなければならない、なんとか生き残っていかなければならない。こういう「必死さ」が動画からは伝わってきましたね。
 
「復活したい気持ち」とか「賞味期限を延ばす道の模索」とか。
 
実に、ヒカルの今後が気になります。

まあある意味、没落してもそれすらコンテンツになる状態なわけだから、死にはしないだろう。
 
今後がますます楽しみだね。
 
迷惑系Youtuberは完全に駆逐されてほしいけど、おもしろコンテンツを世に出し続けている「クリエイター」と呼べる人材は、ますます活躍していってほしいと思うよ。
 
テレビじゃ見れないコンテンツが見たいよね。
 
 

YouTuberの動画のくせにクッソ長い動画www

 
長くなりましたが、僕が見た動画ってのがこれね。
すでにリンク張ってるけど。
 
 
TwitterのTL上に流れてきて、何気なく開いたら面白くて全部見てしまったという話www
 
YouTuberの動画って、スキマ時間のコンテンツなわけですから「5分~10分」が基本だと思うんですよ。
 
でも見てくださいよこの再生時間。
なんと「40分越え」www
 
もうすでに見る気が失せるよね?w
 
ということで、普通は「そっ閉じ」なわけですが、幸いにもTLに流れてきた動画は再生位置が指定してあって、15分前後の途中から始まったわけ。
 
これが良かったね。
再生開始された位置が、ちょうどこの動画の肝にあたる部分だったから楽しめた。
 
だから、僕も再生位置指定でURLを貼っておこうと思う。
 
長いからって負けちゃいけないよ!
何気なく流し見するんだ! きっと興味沸くから!
 

まとめ

 
「インターネットビジネス」とか「スタートアップ」とか「起業」に興味のある人は、見て損のない動画だと思います。