もえろぐ

実家暮らしの20代独身男が今期アニメを面白おかしく解説するブログ。ときどき日記を書きます。

作業記録その6/祝500記事! みなさんのおかげで、した!


スポンサーリンク


今日の日記ですぞ。

f:id:cample-hq:20170606164323p:plain

 

祝!500記事達成

 

みなさまのおかげで、500記事を達成いたしました。


まあ、クオリティのことはさておき(一番大事なところw)、500記事もつくりあげることができたのは、みなさまからの温かいエア声援あってのことです。

 

本当にありがとうございます。
これからも「もえろぐ」をどうぞよろしくお願いいたします。

 

いつも「スター」をありがとう

 

はてなスターをいつもありがとうございます。


1年も続けていると、色んな人を見かけます。
昔はたくさんスターをつけてくれたけど今はもう1つも付けてくれない人もいます。
とっても悲しいことです。胸が痛いです。

 

でも希望もあります。
最近の「作業記録」シリーズに、飽きもせずスターをつけてくれるちょっと頭がおかしい人もいます。

 

すげえ嬉しい。

 

嬉しいんだけど、心を鬼にして、はてなの健全化のためにあえて言わせてもらえれば、「クソ記事にスターを付けてはいけない」と思います。

 

作業記録シリーズは、マジで自分の記録です。
スターを付けてはいけない部類のものです笑


記録をExcel内にとどめておくのがもったいないだけで、自分の血となり肉となるよう、頭の中でまとめた成果物を公開しているだけに過ぎません。

 

いえね、本心としてはですよ? 中身なんて読まなくていいから、最後のはてなスターだけ押して帰ってくれと言いたいところなわけです。

 

でも、はてなの健全化のためには、あえてこう言います。

 

クソ記事にスターを付けるな。
たいした中身も読まずにスターを付けるな。
記事はちゃんと読んだうえで、特に優れていると思ったときに限って付けなさい。

 

と、そういう事です。

 

僕は心を鬼にして言ってます。

 

本当は、中身なんてどうでもいいからとにかく最速で「はてなスター」と「ブクマ」と「ブコメ」と「SNS拡散」が欲しいだけなんです!!!!!!!!

 

あと、ついでと言ってはなんですが、お金ください。

 

さっきから、ちょいちょい本音がもれてますが、そういうことです。
あとはみなさんに任せます。よしなに。

 

作業記録(ここから)

 

特化サイトに初アクセスが来ています。
すごく嬉しいです。

 

 

もちろん、自分のアクセスはフィルタではじいているので、カウントされていないはずです。

 

なので、本当に検索して僕のサイトにたどり着いたもの、と考えています。
今のところ回遊してくれているのか、直帰率も低めで嬉しいです。(数PVだけど笑)

 

どんどん伸びていってくれるといいな、って思います。

 

検索単語数×月間検索数×ライバルの強さ

 

自分の立てた戦略としては、この通りです。


「検索単語数×月間検索数×ライバルの強さ」

 

要するに、「魚がいるか確認したうえで魚の好物を調べ、釣りをしろ」ということですね。

 

作戦通り、狙ったワードで人が来ていることに感動しています。
色んな人が指摘している通り、「需要大・供給少」のところが狙い目です。

 

 

「おれは毎日記事を書いて、どこへ向かっているのだろう」と悟りそうになりましたが、初PVゲットでモチベーションアップになりました。

 

 

頑張りたいと思います。

 

ロングテールの使い方について

 

内部リンクとか、SEOとか考えていると、こういうことをひらめきました。

 

「ロングテールで拾って、ビックワードにつなげる」と。

 

つまり、入り口は「ロングテール」ということです。
検索数は少ないけど、ライバルが弱いからイージーモード。
初心者でも簡単に「入れ食い」できる。

 

そうやって、コツコツとロングテールを拾い上げていって、自分のサイトに入らせる。
これがまずロングテール、あるいはスモールワードの使い方。

 

で、こっからが重要。
自分のサイトに入れたら、出ていかせないってこと。

 

その人たちは、何らかの「意図」があって検索しているわけだから、その「意図」を汲み取ってあげて、それに合わせた記事なり商品なりを紹介していけばいいわけ。

 

内部リンク先の記事は、ビックワードで狙うような「高単価」な記事。
なんといっても、ここで発生することが目的だからね。お金になるし。キャッシュポイント。

 

もちろん、最初からビックワードで釣りができればいいのだけど、競合が強すぎる。
だから勝負しても勝ち目はないか、消耗戦になる。

 

だから、ビックワードは避けて、ロングテールとかスモールワードでお客さんを連れてきて、ビックワード用の記事に誘導していくってわけだ。

 

ちょうどタイムリーなことに、クロネ氏がこんなことをおっしゃってました。

 

 

いま、書いたことをさくっとまとめると、つまりこういうこと。
最適化、していかねば……。

 

18/100