もえろぐ

アラサー男のエンタメブログ! アニメと映画をたくさん観るために今日もいっぱい働くよ!

最終面接では「いま自分が一番好きなこと」を発表させれば良いと思う


スポンサーリンク


はい、どうも。ヤスハルです。
 
事業を拡大していくにあたって、新入社員を雇う日がいつか来ると思うんですよ。

で、最終面接では求職者に「プレゼンテーション」してもらって、その出来で採用判断したらなかなか面白いと思うんですよね。
 
テーマは「今あなたが一番ハマっているもの」

本人も話してて楽しいでしょうし、好きなものなら真剣に取り組める。
普段から好きなものだから準備も最小限で済む。臨機応変な質疑応答も余裕。

そして喜々として話す若者の姿は、聞く側としても退屈しなくてウィン・ウィン。
いいことしかないじゃないですか!
 

 

f:id:cample-hq:20170525195218p:plain

 

ブログを更新する会社

 
たぶん僕の会社は「ブログを更新する会社」だと思います。

正確にいうとアフィリエイトなんでしょうけど、それだけだと人間味が無いというか、あくまで「文章」は自己表現の場でもあるんで、やっぱ文章に「キャラ」出してきたいじゃないですか。
 
でも純粋なアフィにおいて、キャラとか人間性とか「書き手」の情報って邪魔なだけなんですよね。かえって読みにくい。
 
だから、事業を続けるための資金を得るためには必要悪としてゴリゴリのアフィリエイトサイトもアフィリエイトブログもやるんですけど、「お遊び」でブログとかサイト(オウンドメディア)もやると思うんです。
 
楽しさはそっちにあるんじゃないかなあ。たぶん。

だからそっちで思いっきり自分の趣味出せる。
ストレスフリーで最高だと思うんですよね。
 
そんなわけで、ブログを更新する会社ってことになると思います。
 

「ブログを更新する会社」の社員に求められる資質


大事なのは「主張」できること。
 
我が社が欲しているのは「主張」できる人間なわけです。
だからこそ最終面接ではちょっと変わったことやりたいよね。書類選考では分からない。
 
聞きたいのは「正解」でも「立派なこと」でも、「嘘」でも「テンプレ回答」でも無い。湧き出るように「何か」を語れるか、だと思う。
 

f:id:cample-hq:20170525200236j:plain

 
これ↑じゃないですけど、いかに自分の「好き」を語るかに人間性ってにじみ出てくるんじゃないですかね。
 
「好き」を偽るのって結構難しいですし。
それだけに相手を知るうえで有効かと僕は思うわけです。

自分の「好き」を思いっきり、それも初対面のおっさん(社長とか役員連中)にぶつけてくるような頭おかしい連中こそ、面白い記事書いてくれそう。大成するでしょう。
 
あとお友達にもなれそう。
 
社風が「アットホーム」って言うと実にうさん臭くて、ブラック企業の社長の常套句だけど、あえて表現するなら「アットホームな雰囲気」なんだよなあ。
 
ビジネスを超えた「人間関係」って事業に必要だと思います。
その会社の「雰囲気」が一番よく現れるのは「社員間の雑談」だと思う。
 
この雑談が結構重要で、何気ない会話から思わぬアイディアが生まれたり、ちょっと報告しづらいことも上司・部下の雑談関係があると、結構うまく伝えられるんだよね。
 
だからアットホームとあえて言いたいわけ。
 
このアットホームの流れをつくるべく、プレゼンさせるのね。
だって最初っからそいつの好きなこと広めちゃうわけだから、話のきっかけが掴めるじゃん。
 
そして、最初に言った通り「主張」できること。
 
何かをディスるのではなく、もう「べた褒め」でいい。
手を変え、品を変え、言い方を変え、好きなものを語る。いかに好きか、どれだけ好きかを相手に分からせる。
 
これが出来る人ならブログも余裕だと思うね。
キーボックス打てなくても音声入力使えばいいし、スマホでやったっていい。
 
何より大事なのは「中身」でしょう。
内容は少しくらい薄くたって、あとから濃縮していけばいい。
 
問題なのは最初から濃いもの、立派なものを作ろうとすること。
そりゃあ挫折しちゃうよ。息苦しいし。
 
英語しゃべれても話す内容無かったら意味が無いよね。それと同じこと。
次から次へと、それも無限に「内容」を思いつけるか。それにかかってる。
アイディアがある限り、死なない。
 
だから僕は、語れる人間、主張できる人間が必要だと思うわけです。
 

社長と役員の「デモプレゼン」

 
あらかじめ動画でも撮っておいて、それを求職者にも見せておけばスムーズだよね。
YouTubeにでも投稿しておけばいいんだ。
 
緊張させちゃうと本領発揮できないから、最高のパフォーマンスでプレゼンしてもらうためにも、ちょっとシュールな現場にしたいよね。笑
 
めっちゃコワモテの、スーツをパリッと決めたおっさん(既婚者)が実はアイカツおじさんで、アイカツについてめっちゃアツくプレゼンするとかさ。(娘の影響とか)
 
1次面接、2次面接では無表情で人間味に欠ける人事部長が、山菜についてめっちゃアツくプレゼンするとかさ。(それ草じゃんwww って社長がけなす阿吽の呼吸コントとか入れたりなんかしてねwww)
 
ん~、マツコの知らない世界みたいな感じやね。
 
僕はもちろん「リリカルなのは」ですよ。
いまなら「ラブライブ!サンシャイン!!」でもいいよ。語るよ。夢歌えないから夢語るよ。ワイは。
 
「プレゼン採用」、面白いと思うんだよなあ。