もえろぐ

アラサー男のエンタメブログ! アニメと映画をたくさん観るために今日もいっぱい働くよ!

無職の1日を大公開! 早くこっちへおいでよ!


スポンサーリンク


6時 起床

 

無職の朝は意外と早い。
将来に対する不安があるためだ。

 

 

f:id:cample-hq:20170410162337p:plain

 

とりあえず、気を紛らわすためにテレビをつける。
芸人が女優と近々結婚するらしい。
僕もグルメに詳しければワンチャンあったはずなのに。

 

今日の朝食は納豆と白米である。

 

6時30分 散歩

 

最近思うのだが、毎晩寝つきが悪いのは「運動していないから」ではないだろうか。
昨日も寝つきが悪かった。

 

加えて最近は「腰」の調子も心配である。
家ではデスクワーク(無給)ばかりしているので、多少なりとも体を動かす機会が必要だろう。

 

ここでくたばっては、ガッキーと結婚できない。
せめてお知り合いになりたいではないか。

 

しかし、運動すると言ってもジョギングは嫌である。
めんどくさい。それにジョギング用のイケてる服だって持って無い。
僕は形から入る派である。

 

ジムも嫌いだ。第一カネが無い。
それに恥ずかしいではないか。職も無いのに。

 

でも散歩なら気軽だ。僕にもできる。

 

朝の住宅街は静かである。
まだ少し肌寒いが心穏やかな気持ちにさせてくれる空がそこにある。
今日は快晴だ。気分がいい。

 

カラスが1羽ゴミステーション(ゴミ置き場)に止まっている。
めくれたネットの隙間からこぼれおちそうな黄色いゴミ袋(燃やせるゴミ)を狙っているのだ。

 

僕はすぐさま駆け寄っていってカラスを追い払う。
そしてネットを下まできちんと下した。


「(これで荒らせまい)」

 

電線から先ほどのカラスが「カァ」と鳴いた。

 

「(今日も良いことしちゃった)」


ちょっとした満足感に浸りながらその場を立ち去る僕をカラスはじっと見つめていた。

 

7時30分 記事執筆

 

1時間ほど歩けば体がポカポカと温まってくる。
太陽も昇り始めた頃には準備は万端だ。
僕の中でエンジンがかかっている状態になる。

 

帰宅するなりPCを開く。
昨日下書き保存しておいた記事見直すためだ。

 

文字数は増やすより減らす方が簡単である。
昨日、思いつくままに書いた文章は一晩寝かせてもやはりめちゃくちゃだったが、頭から推敲していくと意外ときれいに着地する。

 

適当ながらも一応、昨日の段階で結論まで書いてある下書きだから終わらせ方も悩まずに済んだ。

 

記事の予約投稿設定が終われば後は自由になる。
しかし自由と言ってもやることは決まっている。

 

明日の記事のネタ出しだ。
他人のブログを読んで思ったことを書き出しながら、記事の企画をする。

 

仮タイトルと目次が出来ればあとは本文だ。
適当に、とにかく文字数(ボリューム)を重視して書き続ける。


あとから続きをやろうと思うと大体内容を忘れているので、思い出すまでに時間のロスがある。だから一度手を付けた文章は書き切ってしまうのが鉄則だ。

 

日本語も不自由で構わない。
どうせ明日直すのだから。

 

とにかく文字数である。文字を書かないことには始まらない。
書くべし書くべし書くべし。
思いついたことを全部文字にすればいい。


言うなれば、僕の心のメロディ。
空から降ってきた不思議な今の気持ちを言葉にする。

 

ちなみにこの時間は音楽を聴きながら作業している。
何の曲を聴いているかは秘密である。


ガチの執筆をしているときは気が散るので無音で執筆するが、このように「土台」があって「直すだけ」の作業の時は、むしろ好きな曲を聴きながらのほうが捗ることが実証されている。(僕の中で)

 

12時 昼食

 

テレビをつける。
ワイドショーはネタの宝庫だ。
興味の湧いたネタはここでも書き留めておく。

 

今日のランチはベーコンパンだ。
今朝、散歩帰りに24時間営業のスーパーで買ってきたものである。

 

20%オフのシールが貼られたパンは今日が賞味期限なので、一刻も早く食べないといけない。

 

13時 散歩

 

午後の散歩は朝とは反対方向に向かう。
だいたい往復1時間を想定しているので、適当に30分歩いたら帰ってくることになる。

 

早朝とは違って、昼間は多くの店が営業している。
途中気まぐれで立ち寄ったリサイクルショップで「金髪ツインテール魔法少女」のフィギュアを見つけた。

 

「(可愛い)」
無精髭の男(20代~30代くらい)が心の中でつぶやく。

 

「(彼女のソニックフォームはいつ見てもいいものだ)」
魔法少女の凛々しさに触れた僕は謎の全能感に包まれながら、店をあとにする。

 

気分は魔導師。

 

14時 記事執筆

 

午後の時間帯は、記事を書くこともあれば、過去記事のリライトをすることもある。
今日は以前書いた「没ネタ」を下書きフォルダから引っ張り出してきて、再利用することにした。

 

この記事がそれである。3日前に捨てたネタだ。
心のメロディが枯れてしまったためにこんな粗末な記事をリリースしたわけである。

 

僕はいつでもバズを狙ってる。貪欲なのだ。
必勝のメソッドは無いが、どんな記事でも出し続ければいつか当たる。
物量作戦しかない。


諦めちゃダメなんだその日が絶対来る。
僕はそう思って今日も記事を書く。

 

18時 夕食

 

気が付くと部屋が真っ暗になっていた。
実家なら「こんな暗がりで!」と老いた母が部屋の電気を点け去ってく頃合いだ。


PCの光が僕を「ぼうっ」と照らしている。

 

デスクの置き時計を見ればもう6時である。
そう言えば腹も空いてきた。メシにしよう。

 

冷凍庫を空け、冷凍パスタをレンジに入れる。
底がちょっと冷たいのは許せないので、推奨時間よりちょっと長めに温める。

 

今日のカルボナーラは絶品だった。

 

18時30分 風呂(シャワー)

 

夕食が終われば、後片付けをする。
食器を洗ったら今度はシャワーの時間だ。

 

本当は湯船に浸かりたいところだが、自分一人のために湯を張るのも気が引けてしまうので結局シャワーになることが多い。

 

ボロアパートのクソ狭い浴室に入居当初は腹を立てたものだが、2年経った今では慣れたものである。体のひねり方を覚えた。ひねり技「コモリ2」である。

 

19時 自由時間

 

ここからは本当に自由な時間である。
だいたいは映画かアニメかドラマを見ている。

 

またYoutubeを見ている場合もあれば、本を読むこともある。

 

最近はもっぱら「ラブライブ!サンシャイン‼」にハマっている。
まだ3話までしか見ていないが、やはり誰かが何かを頑張る姿というものは美しい。
良いものだ。

 

僕はコーヒー党なのでこの時間はカフェを楽しんでいる時間でもある。


しかし最近のお気に入りは、ブレンディの「紅茶オレ」である。
さっと入れるだけのスティックタイプ。手軽で美味しい。最高だ。

 

0時 就寝

 

米を1合計って釜に入れ、水を入れたら炊飯器にセットする。
無洗米を使っているから洗わなくてもよい。時間の節約。僕のライフハックである。

 

目覚ましを6時にセットしたら、ストーブを消す。
火事になっては大変だ。それに寒いくらいが寝付きやすい。

 

と、床に入ってみたものの、全く眠くならない。
しかたなしに暗闇のなかスマホを探す。

 

僕はTwitterを開いた。タイムラインが逐次更新されていく。
時にいいね、時にリツイート、時にブロック。

 

画面から放たれる光の中で僕は微笑む。

 

ひと通り満足したあと、僕は目を閉じた。

 

6時

 

朝起きて僕はトイレに向かう途中、衝撃的な光景を目にした。

 

炊飯器のフタがあいているのである。
まさしく全開だ。

 

それもそのはず。
僕は昨日釜をセットしたものの、フタをすっかり閉め忘れていたのだ。

 

なんてことだ。
当然、炊き上がっているわけがない。

 

うーむ。とりあえず、散歩の時間だ。これは欠かせない。
朝の白米は冷凍保存しておいたものを解凍しよう。
昼食はコメがよかったが、今日はパンだ。

 

そう言えば、あそこのスーパーは24時間やっていたはずだ。
きっと廃棄前のパンが叩き売られているはず。

 

それを狙って、散歩帰りにでも買ってこよう。

 

考えをめぐらして僕は朝食の支度を済ませた。
今日の朝食は納豆と白米である。