もえろぐ

実家暮らしの20代独身男が今期アニメを面白おかしく解説するブログ。ときどき日記を書きます。

auからMVNOへの乗り換え|3分でわかるUQ mobileと格安スマホ


スポンサーリンク


auから乗り換えられるMVNOは「mineo」「IIJmio」「UQ mobile」の3つです。
 
今日は3つ目の「UQ mobile」を紹介します。
あわせて「UQ mobile」で使える格安スマホについてもまとめます。

 

実効速度が安定している「UQ mobile(ユーキューモバイル)」

 

f:id:cample-hq:20170407101737p:plain

 

UQ mobileの特徴

 

au回線のみ提供しているau専用MVNOです。

 

「UQ mobile」の特徴は、KDDIグループという強みを生かした「実効速度」です。
他社よりも圧倒的に優れています。

 

混雑しがちな通勤時間帯や昼の時間帯も通信速度がブレにくく(極端に落ちにくく)安定的な通信品質を保っています。

 

UQ mobileを使うメリット

 

注目は「データ無制限プラン」です。

 

文字通り月間データ容量が無制限なので、月にどれだけ使っても定額です。

 

また「データ高速プラン」も用意されています。
毎月3GBまでなら最大225Mbpsの速度で使うことが出来ます。

 

「VoLTE」というSIMを選ぶことも可能で、より高音質な通話を重視する人にはぴったりです。

 

UQ mobileのデメリット

 

「データ高速プラン」のデータ容量は3GB上限のプランしか用意されていないので、データ通信を3GB以上使うユーザーにとっては非常に不便と言えます。

 

UQ mobile料金表

 

シンプルに考える場合

 

f:id:cample-hq:20170407102237p:plain

 

「電話は不要!」という人にはデータ通信のみの「データ高速プラン」「データ無制限プラン」がおすすめです。

 

ただし、デメリットに挙げたとおり「3GBまで」という条件があるので、その点に注意が必要です。

 

データ無制限プランの場合、最大通信速度が「500kbps」なのでこの点も気を付けてください


SNSやメールなどの文字主体の通信ならそれほどストレスにはなりませんが、動画の再生やたくさんの画像を見る場合はストレスになります。

 

2ギガ、4ギガ、16ギガから選ぶ場合

 

「3GBじゃ少ない!」または「3GBは多い!」という人は、次の「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」を検討する必要があります。

 

f:id:cample-hq:20170407103412p:plain

 

どちらのプランも「通話重視」のプランです。

 

通話に関して「5分以内の通話(おしゃべりプラン)」「60分・120分・180分の通話(ぴったりプラン)」を選び、そのうえで「2GB(プランS)、4GB(プランM)、16GB(プランL)」を選択します。

 

おすすめの格安スマホ5つ

 

1万円台、2万円台、3万円台と価格帯をバラバラに選んでみました。


「マンスリー割」を利用すると分割払いが適用され、月額の通信料に1,000円程度上乗せするだけで最新機種を手に入れることができます。

 

指紋認証でアプリを起動「SHINE LITE(Alcatel)」

 

f:id:cample-hq:20170406155147p:plain

 

美しいデザインが特徴。
メタルフレームとガラス面が継ぎ目なく組み合わさっている。

 

フレームには曲面ガラスが使われているため独特のグリップ感がある。

 

そして、指紋認証機能が独特
指ごとにアプリを結びつけておけば、異なるアプリをワンタッチで起動できる。

 

もちろん指紋認証でセキュリティを保護することも出来る。

 

¥11,800(税抜/一括払い)

¥1,980~(税抜/マンスリー割)

 

詳細情報はUQ moble公式サイトへ
Alcatel SHINE LITE|UQmobile|格安スマホ・格安SIMのUQmobile

 

カメラ機能が充実「ZenFone 3 Laser(ASUS)」

 

f:id:cample-hq:20170406115330j:plain

 

「約0.03秒フォーカス」がキャッチコピー。カメラ機能が充実している機種。
素早くピントが合うので一瞬のシャッターチャンスを逃さない。

 

メインカメラは1,300万画素と申し分ないうえに、インカメラも800万画素あるので自撮りでも鮮明な写真になる。

 

¥19,800(税抜/一括払い)

¥2,480~(税抜/マンスリー割)

 

詳細情報はUQ moble公式サイトへ
ZenFone™ 3 Laser|UQmobile|格安スマホ・格安SIMのUQmobile

 

WiMAX 2+で早い「P9 lite PREMIUM(HUAWEI)」

 

f:id:cample-hq:20170407113710j:plain

 

ファーウェイ社が他のMVNOに提供している「P9 lite」がベースになっているモデル。
UQ moble仕様に特別なカスタマイズをしている。

 

「P9 lite」と「P9 lite PREMIUM」のハードウェア部分(OSやカメラ画素)に大差は無いが、この「PREMIUM」モデルはメモリが増設されている。

 

VoLTEに対応しているため高音質な通話が可能である。

 

また「WiMAX 2+」にも対応しているため、「4G LTE」と組み合わせた「キャリアアグリゲーション」という技術により高速通信を実現している。

 

¥28,900(税抜/一括払い)

¥1,980~(税抜/マンスリー割)

 

詳細情報はUQ moble公式サイトへ
P9 lite PREMIUM|UQmobile|格安スマホ・格安SIMのUQmobile

 

頑丈な国産モデル「arrows M03(富士通)」

 

f:id:cample-hq:20170406115613p:plain

 

他社を圧倒するほどの機能は持って無いが、おサイフケータイワンセグ視聴には対応している。

 

防水・防じん機能を備え、表面には傷に強いコーティング割れにくい画面を採用している。国産モデルらしいタフさが特徴。

 

またカラーバリエーションも豊富で、「ブラック、ホワイト、ピンク、グリーン」の4色から選べる点も魅力的。

 

¥33,800(税抜/一括払い)

¥2,680~(税抜/マンスリー割)

 

詳細情報はUQ moble公式サイトへ
arrows M03|UQmobile|格安スマホ・格安SIMのUQmobile

 

洗えるスマホ「DIGNO(京セラ)」

 

f:id:cample-hq:20170407115704j:plain

 

防水・防じん機能に加え、耐衝撃性にも優れている。
米国国防総省の基準に従い試験をしているので、うっかりポケットから落としてしまっても壊れにくい

 

ディスプレイにはキズが付きにくい素材「Dragontrail® X」を採用。耐久性を重視したつくりとなっている。

 

また、京セラの防水機能は従来のそれとは違い大幅に強化されている。
端末にハンドソープを付けて直接手洗いしてもまったく問題ない

 

汗や指紋が気になるたびに洗えるので、非常に衛生的である。

 

加えてこの防水機能は温水にも対応しているため、浴室で使用することも可能

 

その他、濡れた手でも操作できる「ウェットタッチ機能」や手袋をつけたままでも操作できる「グローブタッチ機能」も搭載しており、至れり尽くせりの国産モデルであると言える。

 

¥33,800(税抜/一括払い)

¥2,480~(税抜/マンスリー割)

 

詳細情報はUQ moble公式サイトへ
DIGNO® W|UQmobile|格安スマホ・格安SIMのUQmobile

 

まとめ

 

  • 通信速度が安定していてブレにくいのがUQ mobleの特徴。
    メールくらいしかしないなら、データ無制限プラン(月1,980円)で十分。

 

  • データ高速プランの3GBに満足できなければ、「おしゃべりプラン」か「ぴったりプラン」を選ぶことになる。

 

  • 安さで選ぶなら「SHINE LITE」、スタンダートな機能で選ぶなら「ZenFone 3 Laser」、最上位モデルがほしいなら「DIGNO」を選べば間違いない。