もえろぐ

実家暮らしの20代独身男が今期アニメを面白おかしく解説するブログ。ときどき日記を書きます。

その女、発達障害/追い出し部屋のヤースー


スポンサーリンク


例の上司ですが、相変わらず怒ってます。
かれこれ2週間ほど怒り続けてます。

 

最近は「怒ってる」を通り過ぎて「呆れ顔」です笑

 

もうね、疲れたんだと思うの私www
声を荒げなくなってきました(悟り)

 

発達障害という可能性が浮上

 

その上司と別の同僚が話してるのをうっかり聞いちゃったんですが、どうやら例の人は「発達障害」らしいです。

 

もう、その線を疑わないとコミュニケーションが取れないことに理由が見つからないらしいです。(医師の診断書を確認できる立場には無いけど……)

 

今回の一連の騒動で、そのように結論付けたようです。

 

「もうね、あれは病気……(遠い目)」って上司は言ってました。
聞いた限り、どうやってもあの女性とコミュニケーションが取れないらしいです。

 

しかも、お客さんにも迷惑を徐々にかけはじめていることが全く理解できないらしい。

 

上司が洗い出した懸念点をどのように内線電話で伝えても、何を言っても、相手は絶対反論してくるらしいです。

 

しかも真っ当な反論ならまだしも、返ってくる反論は論理ガバガバなクリティカルシンキングとは程遠い、屁理屈みたいなクソ返答らしいです(笑)

 

う~ん、この

 

で、これまでの仕事でも案の定というか当然と言うか、入社から今までの短い期間で実に数多くの失敗案件を出してるらしいですが、全部過剰なまでに自己弁護するらしいです。

 

「アレが悪い。これが悪い。上司がそう言った。誰々がそう言った。諸々考えて、私は絶対に悪くない」

 

とか

 

「え? スケジュールが遅れてるのは私のせい? スケジュールの管理は管理職の仕事でしょ?」(自分はひら社員)

 

みたいな。

 

要するにクズ。
病気とか関係ない。これはダメなパターン。

 

上司とのセッションは今回が初めてだったらしいですが、だんだん分かってきたみたいです。
「これは病気って考えないと、腹立ってしょうがない。逆に病気じゃなかったらどうしたらいいの?(キレギミ)」

 

とのことです。

 

結局、上司がほとんど仕事を巻き取って上司が自分で片付けてるらしいです。

 

上司「あー、もういいわ。俺がやるから(キレギミ)」 ガチャッ

 

さすがに内線ガチャ切りは戦慄しました。
全く無関係な僕も緊張します。(隣の席だし……)

 

上司の上司がその女性に本件を任せたらしいですが、上司の上司が引き取れよwww

 

と思いつつ、

 

ワイ、横見の見物www

 

一方で、その人が仮に発達障害だったとしても学歴は高いんです。

 

なんなんだろうね、学歴って。
学歴採用だったんだろうけど……。

 

テストとか試験は所詮テクニックだから、本人のそういう一面は測れないよね......

 

何というか、社内的にもそうだし、本人にとっても不幸な結果を招いているというか、病気がどうこうというか、得意不得意、合う合わないってあるからね。

 

もう、どうしようもない。

 

悲しい世界。

 

今日の僕は暇だった分、すごく隣から聞こえてくる話が超エキサイティングでした。

 

追い出し部屋感

 

さて、そんなわけで今日の僕のお仕事はほとんどなかったわけですが、唯一午後4時に依頼された仕事がなかなかヘヴィな仕事でした。

 

「1000枚ひと綴りになっている書類を1枚1枚切り取って、製本していくだけの簡単な作業」です。

 

ミシン目になっているので切り取りは手で出来ます。
超簡単です。

 

カンナちゃんもアイス食いながら出来ます。

 

f:id:cample-hq:20170209194522j:plain

 

でも、場所取るから誰もいない部屋で1人寂しく作業していました。

 

広い作業スペースがあると作業の効率は上がりましたが、ただひたすら切り取っては置き、切り取っては置き、たまにトントンして縦横揃えて、という無限ループをしてると悲しい気持ちになるよね。

 

これさあ、もし自分が管理職の立場だったら、ここは完全に追い出し部屋www


要するに会社の意思は「はよ辞めろ」ってことだよね?www

 

そんな自嘲気味に仕事してました。

 

4時から5時の1時間では、さすがに即戦力の男、このヤスハルであっても終わらなかったので、明日の午前中3時間を使って全部終わらせようと思います!(やる気はあるアピール)

 

「思い出のマーニー」と「追い出し部屋のヤースー」って似てるよね!

 

蛇足

 

僕の席は、冒頭に挙げた例の「怒ってる上司」の隣の席です。

 

上司「ヤスくんこれあげる スッ」

 

キットカットを差し出す上司

 

僕「っす……(嬉しい)」

 

上司「あればあるだけ、おれ全部食べちゃうからさ☆(ニッコリ)」
(上司は中年太りを気にしているらしい。なお完全には甘いものを断ち切れない模様)

 

普段の怒ってる様子からのギャップで、今日はちょっとほっこりした。(順調な餌付け)

 

ヤスハルさんが契約期間を満了するまで
 
残り35日