もえろぐ

実家暮らしの20代独身男が今期アニメを面白おかしく解説するブログ。ときどき日記を書きます。

【ViVid Strike!】第5話「ウラカン」感想/リンネ、被害者家族に拉致されるも返り討ちにするwww


スポンサーリンク


第5話「ウラカン」を視聴した感想を述べます。

 

vivid-strike.com

 

今回のあらすじ

 

リンネが起こした暴行事件の被害者(いじめっ子)の兄が、リンネを拉致した。
レイプまがいの敵討ちを試みるも失敗。ジルの援護もあり返り討ちに合う。

 

f:id:cample-hq:20161101202003j:plain

(引用:http://ponpokonwes.blog.jp/archives/66942981.html

 

f:id:cample-hq:20161101205326j:plain

(引用:http://ponpokonwes.blog.jp/archives/66942981.html

 

現場に偶然居合わせた元格闘家・ジルの下、リンネは格闘家の道を歩み始める。
そして現在に至る。

 

f:id:cample-hq:20161101205433j:plain

(引用:http://ponpokonwes.blog.jp/archives/66942981.html

 

個人的な感想

 

あんなヤバイ事件起こしたリンネはどうなるんだ......

 

f:id:cample-hq:20161101204318j:plain

(引用:http://ponpokonwes.blog.jp/archives/66942981.html

 

前回のお話が衝撃的過ぎて、どう収集するのかと思ってましたがああいう感じだったんですね。
結局は「示談と転校」ですか。なるほどねえ。
資産家の家だからそういうことができるんだなあ。パパとママはあの事件を経てもなお善玉だったからいいけど、悪玉だったらリンネは追い出されて悪落ちにさらなる追い打ちかけるところだったよね。

 

ホントよかったわ、ベルリネッタ夫妻で。

 

f:id:cample-hq:20161101202128j:plain

(引用:http://ponpokonwes.blog.jp/archives/66942981.html

 

冒頭のお母さんが泣くシーン、僕まで泣きそうになりました。
フェイトを筆頭にこの世界では「保護観察」って言葉が頻繁に出てくるよね。
なんなんだろうね。優しい世界なのかもしれないね。よく分からないけど。

 

とりあえず殴る思考

 

f:id:cample-hq:20161101203444j:plain

(引用:http://ponpokonwes.blog.jp/archives/66942981.html

 

「これまでリンネがどんな目に遭ってきたのかは分かった」

「でも殴る」

 

っていうフーカの思考がいいね。


いや「脳筋」っていったらそれまでだけどさ「リンネ、お前はダークサイドに堕ちてる! てめえの根性叩き直してやる!」ってリンネに主張したいわけでしょ?フーカは。親友としてさ。フーカは「本当のリンネ」の姿を知ってるわけ。これを取り戻したいんだな。本人のために。本人は嫌がるけど。

 

f:id:cample-hq:20161101204650j:plain

(引用:http://ponpokonwes.blog.jp/archives/66942981.html

 

経緯は理解するにせよ、今のあの目(力こそ正義)は許せん、とそういうわけでしょう? フーカはいい子じゃあ。(まあフーカも初対面で突然殴りかかる系女子だから大概だけど)

 

リリカルなのはの世界は暴力で推し進めていくからね基本。伝統芸じゃないか。断固支持!
「暴力は何も解決しないけど、決着をつけることはできる(『宇宙の戦士』)」ってやつ。
フェイトだってなのはに撃ち落とされたからこそ、今のエリート軍人生活があるわけだから、リンネだって同じだね。フーカがガツンと言ってやらないといかんのですよ(物理で。拳で)

 

そもそもリンネが「自分より弱いやつの言うことは聞かねーよバーカ」って言ってる以上、倒すしかないじゃんかwww お話しても分からないなら、OHANASHIするしかない。それが「なのは」だ。

 

魔法少女リリカルなのは」と冠されていないにせよ、「VividStrike!」にもちゃんとその精神は受け継がれていると思う。

 

f:id:cample-hq:20161101205120j:plain

(引用:http://rushiha666.hatenablog.com/entry/2013/12/15/075809


逆に単純な話になるから、力で押さえつけて分からせるしかない。
倒せさえすれば一気にまとまるし。

 

頑張れフーカ。

 

フーカ、正式に変身す

 

f:id:cample-hq:20161101203233j:plain

(引用:http://ponpokonwes.blog.jp/archives/66942981.html

 

ようやく変身成功しましたね。
この前の変身チャレンジでは失敗してえらいことになりましたからね。
これからは安心して変身できるね!フーカちゃん!(なおどちらにせよ裸になる模様)

 

alhazred.hatenablog.jp

 

ヘソ出しっていいよねっ!!!
prpr!

 

イエス! アスミス

 

f:id:cample-hq:20161101201829j:plain

(引用:http://ponpokonwes.blog.jp/archives/66942981.html

 

あすみすの声すきじゃー
脳がとろけるんじゃー
中でも肉付きと相まってニャル子さんが一番好きじゃー

 

(声だけ聴いてワクワクするヤスハルの図)

 

取締役と言う肩書

 

f:id:cample-hq:20161101201744j:plain

(引用:http://ponpokonwes.blog.jp/archives/66942981.html

 

魔法少女もので「取締役」って出てくるのが好きwww
ファンタジーで現実世界っぽい作りがこの世界観の魅力やね。

 

つーか、取締役ってことは株式会社かよ。
やべーなナカジマジム。ノーヴェやべえ。
「元テロリストのくせに生意気だ!」ってレジアス中将みたいなこと言いたくなるwww

 

ミカヤさん、リングで抜刀www

 

f:id:cample-hq:20161101202651j:plain

(引用:http://ponpokonwes.blog.jp/archives/66942981.html

 

リングで「刀」は無しでしょwww さすがにアウトですよwww
ルール違反だろこれ、ありなの? ねえ!?

 

すごい違和感ありまくりんぐ。リング上だけに。

 

前作のキャラが分からない

 

f:id:cample-hq:20161101201734j:plain

(引用:http://ponpokonwes.blog.jp/archives/66942981.html

 

ということで今回はVividのキャラがたくさん出てきました。
前作のキャラだなってのは分かるんですが、どういうキャラだったか全く思い出せないのごめぽよwww いかに真面目に見てなかったか痛感したwww だって面白くなかったんだもん(言い訳) いつか見直したい(見直すとは言ってない)

 

まとめ

 

リンネの過去が明らかになった第4話、第5話を通じて僕もかなりリンネに感情移入し始めてる。リンネの過去重すぎィ!

 

「実は敵にもこんな悲しい過去が!」っていうのは王道だけど、いいよね王道で。燃えますwww

 

となると、より一層解決策がない。リンネの「強さ至上主義」にも説得力がある。
だからこそフーカは倒さにゃならんのです。解決はできなくとも、決着はつけられる。

 

f:id:cample-hq:20161101210521j:plain

(引用:http://ponpokonwes.blog.jp/archives/66942981.html

 

補足:OPとEDが好きになってきた

 

「なのは」と言えば、OPは水樹奈々、EDは田村ゆかりというのが定石です。
でもVividStrikeはそうじゃなかった。水樹奈々スキーとしては当初、

 

がっかり……

 

そう思っていた時期が僕にもありました。
でも最近はだんだん慣れてきたのか、妙にしっくり来ていますwww
キャラに思い入れとか愛着が湧いてきたからだなきっと。

 

▼Future Strike(小倉唯

www.youtube.com

 

 

▼Starry Wish(水瀬いのり

www.youtube.com

 

特に第4話を見た後にED聞くと泣けますwww
壮絶すぎてもう......

 

気付いたんですが結局、構造は変わらないんですね。
ライバルがOP歌って、EDを主役が歌うってパターン。
なるほど! そう思うとこれも確かに「なのは」でしたね。

 

ありがとうフェイト(唐突なフェイト愛の主張)。

 

前回のお話

 

alhazred.hatenablog.jp

 

次回のお話

 

alhazred.hatenablog.jp