もえろぐ

アラサー男のエンタメブログ! アニメと映画をたくさん観るために今日もいっぱい働くよ!

【魔法少女育成計画】第2話「マジカルキャンディーを集めよう!」感想 / 早速1人死ぬ


スポンサーリンク


第2話「マジカルキャンディーを集めよう!」を視聴した感想を述べます。

 

mahoiku.jp

 

今回のあらすじ

 

現状15人いる魔法少女を「8人」に減らすことが発表される。

人助けをすると「マジカルキャンディー」というものが付与されるのだが、
これを毎週個別に計測し、個数が一番少なかった役立たずを脱落させていくことで魔法少女を減らすことになった。
早速、第1週目の計測が終わり、1人脱落した。


脱落者「あーあ、魔法少女にもうなれないのか、ざーんねん」

ファヴ「え? 脱落したら変身できなくなるどころか、現実の肉体も死ぬよ? 言ってなかったっけ?」「じゃ、おつかれっしたぁー! アカウントを削除するね☆」


結果:死にました。

 

個人的な感想

 

1人死にました。
ねむりんちゃん、バイバイ

 

f:id:cample-hq:20161010112945j:plain

(引用:http://ponpokonwes.blog.jp/archives/66450295.html

 

f:id:cample-hq:20161010112953j:plain

(引用:http://ponpokonwes.blog.jp/archives/66450295.html

 

ストーリー的には進んだ

レースが始まりましたね。
2話にして1人マミるという展開
まどマギでやったので、特に驚きませんが。最近の魔法少女モノは、奇をてらって結局すぐ死にますね。

 

ファヴ無能過ぎwww

 

魔法少女ら「減らすくらいなら最初から増やすなよ(激おこ)」

ファヴ「計算違いだったぽん!www 本当にごめんなさいだぽん!www」

 

f:id:cample-hq:20161010113628j:plain

引用:http://ponpokonwes.blog.jp/archives/66450295.html

 

う~ん、この無能っぷりであるwww
わざとだね、これは。競わせるために。QB系極悪マスコットですわ。


営業ノルマ

 

魔法少女たちの、それぞれの「キャンディー集め」作戦、個性が見えていいと思う。
あるものは1人で、ある者は2人で、ある者はチームで。

 

f:id:cample-hq:20161010114051j:plain

(引用:http://aaieba.livedoor.biz/archives/49724496.html

 

チームでキャンディー集めてる子たち、好き。

 

f:id:cample-hq:20161010113724j:plain

引用:http://ponpokonwes.blog.jp/archives/66450295.html


「私のチームで脱落者は許さない!」とか、
「頑張ったけど集められなかったなんて、最低の部類」とか、
「相変わらず使えないなあ!」とか、胃が痛いwww
営業ノルマっぽくて好き。後の仲間割れ展開に期待である。

 

変身を解くと胸がしぼむリップルたん

 

f:id:cample-hq:20161010114820j:plain

引用:http://ponpokonwes.blog.jp/archives/66450295.html

 

すこ。
自分の思い通りの姿に変身するから、若干「願望」入るのかね?www
ギャップという意味では、ラ・ピュセルには及ぼないけど。

 

今週のラ・ピュセルニキ

 

f:id:cample-hq:20161010113459j:plain

(引用:http://ponpokonwes.blog.jp/archives/66450295.html

f:id:cample-hq:20161010113508j:plain

(引用:http://ponpokonwes.blog.jp/archives/66450295.html

 

 

ぼく、改めて思う。
ラ・ピュセルのアイシャドウ好き///

 

まとめ

 

「脱落」は「死」を意味する、ということが分かりましたが、
なんでしょう、所詮「アバター」ってのが「興醒め」なんですよね。


「変身解くと胸がしぼむ」とか。確かに、脱落すると現実の肉体も死ぬので、ちゃんとリンクされてますがなんか違和感あるんだよなあ。うまく言葉にできないけど。

 

あまり、面白いとは言えない展開ですね。
早いところ「マジカルキャンディーの強奪」とか魔法少女同士の殺し合い」とか、ハードな展開になってほしいです。
いくつかのシーンで伏線はすでに張られているので、確実にこの方向には向かっていくと思われますが。

 

前回のお話

 

alhazred.hatenablog.jp

 

 

次回のお話

 

 

alhazred.hatenablog.jp