もえろぐ

実家暮らしの20代独身男が今期アニメを面白おかしく解説するブログ。ときどき日記を書きます。

無職になる前に「楽天カード」と「イオンカード」をつくってみた


スポンサーリンク


無職になるとクレジットカードが作れなくなる。

 

普段の生活でクレカを使う場面が一切無い人は、別にそれで構わない。
しかし、もし起業を念頭に退職するならば後々不便なことが起きるかもしれない。退職する前に、必要最低限の、維持費の掛からないクレジットカードを1枚作っておいて損は無いはずだ。

 

f:id:cample-hq:20160905171804j:plain

 

 クレジットカードは悪である!

 

今でもあまり考えは変わっていない。
クレジットカードは悪である。絶対に持ちたくない。

 

僕はクレジットカードを持つことを極端に嫌っている。
誰に何と言われようとも、嫌なものは嫌である。
金貸しは嫌いだ。みんな滅びればいい。

 

僕はクレカを持たずに生きてきた

 

僕は『イノベーター理論』でいうところの「ラガード」である。要するに「うすのろ」とか「のろま」な奴なのだ。

 

大学の講義で自覚して以来、妙に「ラガード」としての自分に心酔しているきらいがある。自信を持って言いたい。クレカはいらない。

 

そんな僕だから基本的に、物は「自分が見たもの・触ったもの」しか買わない。
つまり実店舗主義といことだ。
通販の部類は使ったことがない。
アマゾンなども一切利用しない。アカウントすら持っていない。

 

そして現金払いを貫いてきた。

 

「クレカ無し」は、人生の選択肢を狭めていないか?

 

さて、無職になると持ちたくてもクレジットカードは作れなくなる。
ノージョブ野郎にカネを貸すバカは、この世にいないのである(悲しい世界)。

 

「クレカ無し無職」で不都合がなければそれでいい。
たとえば、無職は一時的ですぐに就職しようとしているとか。

 

だが「起業」を考えたとき、さらにこれからの「物販」を考えたときに、インターネット上におけるクレカ決済は恐らく避けられないだろう。

 

そういう意味で、決済手段としてのクレカを少なくとも1枚は持つべきだ。

 

  • アマゾンを使いたい。
  • ヤフオクを使いたい。
  • メルカリを使いたい。
  • 個人輸入をしたい。

 

こんなことを考えたら、クレカの必要性が急浮上した。
銀行振り込みやコンビニ決済でもよいが、手数料が掛かる場合が多い。
売る側としても買う側としても、だ。

 

もったいない……。

 

どうせ、「起業」という新しいことを始めるのだ。
新しい「支払い方法」を検討してもいいじゃないか。

 

人生の選択肢を狭める、とまで言うと少し言い過ぎかもしれないが、クレカのある生活も一度は経験したうえで、判断しても遅くはないはずだ。

 

自分のこれまでの考えが、常にベストとは限らない

 

ここで全く関係ない政治的なたとえを持ち出すが、
「(政治的)保守」とは「伝統と国益が衝突したとき、国益を取る態度」のことである。(『保守の心得(倉山満)』)

 

僕が最近「ハッ!」とさせられた考え方だ。
さすがです。倉山先生。

 

頭のおかしい左翼はすぐに新しいものに飛びつき、伝統も国益も捨てるが、保守はまず伝統に答えを求める。「常識的に考えろ!」と冷や水を浴びせるのが保守の態度だ。

 

「ミーハーは左翼! タヒね!」とまで言わないものの、「新しいもの好き」は苦手である。なぜ簡単に捨て去るのか意味が分からない。愛着というものがないのか? 理解不能だ。

 

しかし、古ければそれでいいかと言えば、そうではない。
時代が変わり、環境が変わり、伝統が国益を害すならばそれは悪弊である。もたもたしていたら、国そのものが滅んでしまう。それも本末転倒。

 

業績が伸びてないのに、愛着があるからと言ってやり方を再考しない経営者はバカだ。

 

時には国益(本当の利益)を取って、キッパリと伝統を捨てる判断も必要だろう。

 

僕は保守を自任している。常に賢明な保守であろうとしている。
だから「伝統か国益か」の選択を迫られたら、悔しくても「国益」を取れるようになりたい。感覚的に伝統を選びたくても、理屈で国益を取る必要がある。

 

話を元に戻すと、要するに「これまでのやり方」が「これから」を邪魔しそうなら、それは悪ということだ。


クレカの件も同じだ。
これまでは必要なかったかもしれないが、新しい一歩踏み出そうとしているいま、色々試してみるべきなんじゃないか。

 

タダで作れて維持費が掛からないなら、クレカを1枚持ってたっていいじゃないか。1枚あれば、ネット上で物販が出来る。

 

そういう、心境の変化である。

 

最低限のクレジットカードを作ろう

 

クレジットカードは、具体的に何のカードを持てばいいのか。
詳しいことは他サイトに任せる。ググってくれ。


僕が調べた限り、自分にぴったりなカードが2枚あると考えた。

 

楽天カード

 

まず、基準がガバガバで有名な「楽天カード」である。
連携しているお店がそれなりにあり、便利と聞く。
僕は楽天カードマンになった。

 

イオンカード(イオンカードセレクト)

 

ついでにもう1枚作ることにした。「イオンカード」である。

 

1人暮らしを始めてから自分の消費行動を振り返ってみたのだが、割と「イオン」や「マックスバリュー」で食料品を買うことが多いことが分かった。だから、イオンカードを選んだ。ポイントが貯まればお得である。一石二鳥だ。

 

更に言えば、しばらくほったらかしだったマネックス証券で「イオンの株」も1単元購入した。
株を買うのも初めてだが、まあデイトレとかFXとかしたいわけじゃないので、イオン株は株価にかかわらず塩漬け予定である。株主優待があれば十分だ。10年以内に倒産する可能性も低いだろう。

 

どんなことを申請しなければならないのか

 

「氏名」とか「フリガナ」とか「住所」とか基本的なものは割愛する。


ファンクラブとか、メンバーズカードとか、ポイントカードに申し込む際に必要な「個人情報」は、当然申請する必要がある。

 

特筆すべきは以下の項目だろうか。
「うわっ……。探られたくねえなおい……」という質問ばかりである。


ニュアンスはカード会社によって若干違うが、同じようなことを楽天カードでもイオンカードでも聞かれた。恐らく、どのカードでも変わらないだろう。

 

  1. 家族構成、世帯人数、家族と同居か別居か。
  2. 持ち家か借家か、戸建てかアパート・マンションか、居住年数、住宅ローンの有無。
  3. 年収、他社からの借り入れ状況。
  4. 勤務先(社名)、業種、勤務年数、勤務先電話番号、運転免許証番号。

 

悩んだ項目は「勤務先電話番号」

 

楽天カードの申請時も、イオンカードの申請時も「勤務先電話番号」として「本社の電話番号」を書いた。

 

もし正直に、厳密に、申請するならば「自分の勤め先(北海道支社)」の番号を書くべきだろう。勿論、僕も承知している。

 

でも、チキっちゃいましたwww

 

なぜか。
だって、気まずいじゃないかwww

 

いくら有休期間つっても、事実上辞めてるのだから。
どうするのだ? 「ヤスハル様はご在籍でしょうか」などとクレカ会社から、電話が会社に行ったら。上司はどうすると思う?

 

さらに上司から「クレカの申請した?」なんて電話がかかってきたら嫌だwww恥ずかしいwww駆け込み申請か?とか思われるなど一生の恥www

 

とはいえ「勤務先電話番号」を空白のまま申請できない。デタラメも論外。

 

ひらめいたのは、「本社の番号」という回避策だ。
これなら、嘘じゃない。

 

申請ボタンを押した。
「手加減してくれ。穏便に頼む><」という祈りを込めて……。

 

楽天の場合:OK

 

さすが楽天www
ガバガバ基準www
「本社の番号」で通った。
僕宛に確認の電話も一切なし。やったぜ!

 

重ねて言うが、「虚偽申請」ではない。
ちゃんと実在している。ちょっと気が利かない申請なだけ。

 

イオンの場合:NG

 

さすがイオン。
イオン側の審査担当者から僕の携帯電話に確認電話があった。

 

イオン「本社の住所は東京だよね? あなたの自宅は札幌にあるんだよね? 札幌から東京に通勤しているわけじゃないよね? じゃあさ、例えば自宅から通える範囲に、北海道支社とか札幌支社とかあるはずだよね? 悪いけど、そっちの電話番号を教えてもらえるかな?^^」

 

「……はい。(鋭い)」

 

イオンの場合は、白状しました。
すっとぼけたふりして「あ、そうなんですね、すみませんね。本社のほうが良いのかなと思いました★テヘペロ」みたいな感じで、勤務先(支社)の電話番号を伝えました。

 

辞めた会社から電話はあるか?

 

結論:無い

 

「僕の場合は」ということになるのかもしれないが、退職した会社から連絡は一切なかった。

 

一応、有休期間中=書類上、在籍しているから会社が善処したのか。
上司とか人事の人がうまくやってくれたのか。
あるいは、僕の人徳か。日ごろの行いが良かったのか。
とにかく無事審査が通った。

 

【カード発行まで】楽天カードは早い/イオンカードは遅い

 

楽天カードは、その日のうちに発行手続き完了のお知らせメールが来た。超早い。
カードの実物も1週間以内に到着した。

 

一方のイオンカードは、10日経ってようやく発行のお知らせメールが来た。カードの到着は14日以上掛かる。

 

以上からすぐにクレカがほしい人は、楽天カードがおすすめである。
別に急いでいなければ、イオンカードでもいいと思う。