もえろぐ

アラサー男のエンタメブログ! アニメと映画をたくさん観るために今日もいっぱい働くよ!

隣の課の課長に退職を引き留められた件


スポンサーリンク


それは金曜日。お昼前のこと。


内線が鳴りました。
電話のディスプレイには隣の課の課長の名前。

 

Y課長「今ちょっといい? 第1会議室なんだけど」
僕「あ、はい。大丈夫っす(けだるげに)」

 

まあ、退職の件だろうなと思いつつ離席。
会議室へ急ぎます。

 ドアを開けるとY課長が1人座ってました。


内容は、やはり「僕の退職」に関する話。
要するに「半年、いやもう3か月続けて見ないか」というもの。

 

引き留められちゃったぜ!ハハッ

 

ドライな会社ですからねえ。
こんなこともあるのかと。珍しい。

 

聞けば、来る6月1日に組織改編があるそうで、
課のメンバーが入れ替えになるらしいです。

 

で、6月から僕とモッティさんの2人はY課長の部下になるんですって。(みんなには秘密だよ!)
「(僕の退職の件は)噂には聞いてたけど、さっき正式に聞いた」と。

 

どうやら先ほどまで「管理職会議」をしてたみたいなんですよね。
そこでは、退職案件とか産休案件とか、個性とかクライアントとか諸々を含めて、
課長陣で人員配置を考えていたということで、僕の退職が公表されたんです。たぶん。

 

実はY課長は僕が3年前に入社するとき、面接官だった人なんです。
つまり課長に認められたから入社できたってわけ。
そして、今でこそ別の課にいますが、入社後はY課長の下で働いてました。
あの頃は楽ちんでしたねー笑。

 

Y課長としても「見込みがあるのにもったいない」と思ったらしく、
声をかけずにはいられなかったということで内線したんですって。

 

Y課長
「誰の下で働くかで全然変わってくる」
「俺もこの会社嫌いだけど、俺のとこならもう少し違って見えるんじゃないか」
「なんつーかさー。もうさー。残念でさー」
「やっと俺の下に戻せたのにさー」
「男同士ってのもあるし、モッティもそうだけど、2人は管理職に向いてるからすごい残念だなって思って」

などと、色々嬉しい言葉をかけてもらいました。

 

ただ……今更「やっぱ続けます!」とはならないよね……。
半年考えてダメだったわけじゃん。大変失礼な言い方になるけど、所詮はY課長も会社の一員。組織人。部長の部下なわけですよ。業務命令で激務命令されたら断れないと思うんだよなあ。

 

あと、仮にY課長の下ならうまくいったとして、永遠にY課長の部下でいるわけ? 定年退職までずっとY課長の下にいないと、僕は壊れちゃうわけ?www

嫌じゃー!そんなみじめなのも嫌じゃー!www

 

それに去年の10月以来、疲弊してて、こっちもモチベーションがほとんど残ってないんだよね……。
気力が持たないわけですよ、ええ。

 

何というか、自分の意思の固さは確認できましたね。

ということで「そうおっしゃっていただけるのはありがたいですが」と前置きをしつつ、はっきりとNOと答えておきました。

 

Y課長は「部長に言ってないけど、A課長(僕の上長)には、引き留めようとしているって話ししてあるから」と付け加えつつ、「もう少し頑張ってみようと思ったら、いつでも言ってね。部長に謝る必要があれば俺から謝っとくから」と、またもありがたいお言葉をいただきました。嬉しいねえ。

 

もし退職者全員にこういう「ポーズ」というか、話術というか、
テクニックを駆使して思いとどまらせてきたのだとすると、すごく上手ですよね。
情に訴える作戦?みたいな。(我ながらひどい言いよう。それくらいスレてる)


結論:
感情的にはかなり熱い話でぐらついたけど、理性が勝ってどうしても辞めたいとしか思えなかった。